4.5. レプリケーションリポジトリーの設定

Multicloud Object Gateway は、ネットワークが制限された環境で唯一サポートされるオプションです。

MTC は、ソースクラスターからターゲットクラスターにデータを移行するために、ファイルシステムおよびスナップショットによるデータのコピー方法 をサポートします。ご使用の環境に適した方法で、ストレージプロバイダーでサポートされる方法を選択できます。

4.5.1. 前提条件

  • すべてのクラスターには、レプリケーションリポジトリーへの中断されないネットワークアクセスが必要です。
  • 内部でホストされるレプリケーションリポジトリーでプロキシーサーバーを使用する場合は、プロキシーがレプリケーションリポジトリーへのアクセスを許可することを確認する必要があります。

4.5.2. Multicloud Object Gateway の認証情報の取得

OpenShift API for Data Protection (OADP) の Secret カスタムリソース (CR) を作成するには、Multicloud Object Gateway (MCG) 認証情報を取得する必要があります。

MCG は、OpenShift Data Foundation のコンポーネントです。

前提条件

手順

  1. NooBaa カスタムリソースで describe コマンドを実行して、S3 エンドポイントである AWS_ACCESS_KEY_ID および AWS_SECRET_ACCESS_KEY を取得します。

4.5.3. 関連情報