3.2. マシンセットの手動によるスケーリング

マシンセットのマシンのインスタンスを追加したり、削除したりする必要がある場合、マシンセットを手動でスケーリングできます。

本書のガイダンスは、完全に自動化されたインストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーのインストールに関連します。ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーのカスタマイズされたインストールにはマシンセットがありません。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターおよび oc コマンドラインをインストールすること。
  • cluster-admin パーミッションを持つユーザーとして、oc にログインする。

手順

  1. クラスターにあるマシンセットを表示します。

    $ oc get machinesets -n openshift-machine-api

    マシンセットは <clusterid>-worker-<aws-region-az> の形式で一覧表示されます。

  2. クラスター内にあるマシンを表示します。

    $ oc get machine -n openshift-machine-api
  3. 削除するマシンに注釈を設定します。

    $ oc annotate machine/<machine_name> -n openshift-machine-api machine.openshift.io/cluster-api-delete-machine="true"
  4. 次のいずれかのコマンドを実行して、コンピュートマシンセットをスケーリングします。

    $ oc scale --replicas=2 machineset <machineset> -n openshift-machine-api

    または、以下を実行します。

    $ oc edit machineset <machineset> -n openshift-machine-api
    ヒント

    または、以下の YAML を適用してマシンセットをスケーリングすることもできます。

    apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
    kind: MachineSet
    metadata:
      name: <machineset>
      namespace: openshift-machine-api
    spec:
      replicas: 2

    コンピュートマシンセットをスケールアップまたはスケールダウンできます。新規マシンが利用可能になるまで数分の時間がかかります。

    重要

    デフォルトでは、マシンコントローラーは、成功するまでマシンによってサポートされるノードをドレイン (解放) しようとします。Pod 中断バジェットの設定が間違っているなど、状況によっては、ドレイン操作が成功しない可能性があります。排水操作が失敗した場合、マシンコントローラーはマシンの取り外しを続行できません。

    特定のマシンの machine.openshift.io/exclude-node-draining にアノテーションを付けると、ノードのドレイン (解放) を省略できます。

検証

  • 目的のマシンの削除を確認します。

    $ oc get machines