2.4. 次のステップ

2.4.1. 開発者の場合

OpenShift Container Platform を使用して、コンテナー化されたアプリケーションを開発し、デプロイします。OpenShift Container Platform は、コンテナー化されたアプリケーションを開発し、デプロイするためのプラットフォームです。OpenShift Container Platform のドキュメントは、次の点で活用できます。

OpenShift Container Platform Web コンソールの 開発者 パースペクティブ を使用して、アプリケーションの作成およびデプロイ を行います。

トポロジー ビュー を使用して、アプリケーションの表示、ステータスの監視、コンポーネントの接続およびグループ化、ならびにコードベースの変更を行います。

  • 開発者 CLI ツール (odo) の使用: odo CLI ツールを使用すると、開発者は単一コンポーネントまたはマルチコンポーネントのアプリケーションを作成でき、デプロイメント、ビルド、サービスルート設定を自動化できます。odo は複雑な Kubernetes および OpenShift Container Platform の概念を抽象化し、アプリケーションの開発に集中できるようにします。
  • CI/CD パイプラインを作成する: パイプラインは、分離されたコンテナーで実行されるサーバーレス、クラウドネイティブ、継続的インテグレーション、および継続的デプロイメントシステムです。パイプラインは、標準の Tekton カスタムリソースを使用してデプロイメントを自動化し、マイクロサービスベースのアーキテクチャーで機能する分散型チーム向けに設計されています。
  • Helm チャートをデプロイする: Helm 3 は、開発者が Kubernetes でアプリケーションパッケージの定義、インストール、および更新を行うのに役立つパッケージマネージャーです。Helm チャートは、Helm CLI を使用してデプロイできるアプリケーションを記述するパッケージング形式です。
  • イメージビルドを理解する: さまざまな種類のソースマテリアル (Git リポジトリー、ローカルバイナリー入力、および外部アーティファクト) が含まれる各種のビルドストラテジー (Docker、S2I、カスタム、およびパイプライン) から選択します。次に、基本的なビルドから高度なビルドまで、ビルドタイプの例に従います。
  • コンテナーイメージを作成する: コンテナーイメージは、OpenShift Container Platform(および Kubernetes) アプリケーションで最も基本的なビルディングブロックです。イメージストリームを定義すると、開発の進捗に応じて、イメージの複数のバージョンを 1 つの場所に集約できます。S2I コンテナーを使用すると、Ruby、Node.js、Python などの特定タイプのコードを実行するように設定されたベースコンテナーに、ソースコードを挿入することができます。
  • デプロイメントを作成する: Deployment および DeploymentConfig オブジェクトを使用して、アプリケーションの詳細な管理を行います。Workloads ページまたは OpenShift CLI (oc) を使用して デプロイメントを管理しますローリング、再作成、およびカスタム デプロイメントストラテジーについて理解します。
  • テンプレートを作成する: 既存のテンプレートを使用するか、アプリケーションのビルドまたはデプロイ方法を記述する独自のテンプレートを作成します。テンプレートは、イメージと説明、パラメーター、レプリカ、公開されたポートおよびアプリケーションの実行またはビルド方法を定義するその他のコンテンツを組み合わせることができます。
  • Operator について理解する: Operator は、OpenShift Container Platform 4.10 でクラスターアプリケーションを作成するのに推奨される方法です。Operator Framework について、またインストールされた Operator を使用してアプリケーションをプロジェクトにデプロイする方法について説明します。
  • Operator を開発する: Operator は、OpenShift Container Platform 4.10 でクラスターアプリケーションを作成するのに推奨される方法です。Operator の構築、テスト、およびデプロイのワークフローについて説明します。次に、Ansible または Helm に基づいて独自の Operator を作成する、または Operator SDK を使用して ビルトイン Prometheus モニタリング を設定します。
  • REST API リファレンス: OpenShift Container Platform のアプリケーションプログラミングインターフェイスエンドポイントについて確認します。

2.4.2. 管理者の場合