5.6. Argo CD インスタンスのモニタリング

デフォルトでは、Red Hat OpenShift GitOps Operator は、定義された namespace (例: openshift-gitops) にインストールされている Argo CD インスタンスを自動的に検出し、これをクラスターのモニタリングスタックに接続して、非同期アプリケーションに対するアラートを提供します。

前提条件

  • cluster-admin 権限でクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift Container Platform Web コンソールにアクセスできる。
  • Red Hat OpenShift GitOps Operator がクラスターにインストールされている。
  • 定義した namespace (たとえば openshift-gitops) に Argo CD アプリケーションをインストールしている。

5.6.1. Prometheus メトリクスを使用した Argo CD ヘルスのモニタリング

Prometheus メトリクスクエリーを実行して、Argo CD アプリケーションのヘルスステータスをモニタリングできます。

手順

  1. Web コンソールの Developer パースペクティブで、Argo CD アプリケーションがインストールされている namespace を選択し、ObserveMetrics に移動します。
  2. Select query ドロップダウンリストから、Custom query を選択します。
  3. Argo CD アプリケーションのヘルスステータスを確認するには、Expression フィールドに、次の例のような Prometheus Query Language (PromQL) クエリーを入力します。

    sum(argocd_app_info{dest_namespace=~"<your_defined_namespace>",health_status!=""}) by (health_status) 1

    1
    <your_define_namespace> 変数を、定義した namespace の実際の名前 (openshift-gitops など) に置き換えます。