5.11. アプリケーションリソースおよびデプロイメントのヘルス情報のモニタリング

OpenShift Container Platform Web コンソールの Developer パースペクティブにある Red Hat OpenShift GitOps Environments ページには、成功したアプリケーション環境のデプロイメントのリスト、および各デプロイメントのリビジョンへのリンクが表示されます。

OpenShift Container Platform Web コンソールの Developer パースペクティブの Application environments ページには、ルート、同期ステータス、デプロイメント設定、デプロイメント履歴などのアプリケーションリソースのヘルスステータスが表示されます。

OpenShift Container Platform Web コンソールの Developer パースペクティブの環境ページは、Red Hat OpenShift GitOps Application Manager コマンドラインインターフェイス (CLI) の kam から分離されています。環境が OpenShift Container Platform Web コンソールの Developer パースペクティブに表示されるように、kam を使用して、Application Environment マニフェストを生成する必要はありません。独自のマニフェストを使用できますが、環境は引き続き namespace で表す必要があります。さらに、特定のラベルとアノテーションが必要です。

5.11.1. 環境ラベルとアノテーションの設定

このセクションでは、OpenShift Container Platform Web コンソールの Developer パースペクティブの Environments ページに環境アプリケーションを表示するために必要な環境ラベルとアノテーションの設定を参考として示します。

環境ラベル

環境アプリケーションマニフェスト には、labels.openshift.gitops/environment フィールドdestination.namespace フィールドが含まれている必要があります。<environment_name> 変数と環境アプリケーションマニフェストの名前には、必ず同じ値を設定してください。

環境アプリケーションマニフェストの仕様

spec:
  labels:
    openshift.gitops/environment: <environment_name>
  destination:
    namespace: <environment_name>
...

環境アプリケーションマニフェストの例

apiVersion: argoproj.io/v1alpha1
kind: Application
metadata:
  name: dev-env 1
  namespace: openshift-gitops
spec:
  labels:
    openshift.gitops/environment: dev-env
  destination:
    namespace: dev-env
...

1
環境アプリケーションマニフェストの名前。<environment_name> 変数の値と同じ値を設定します。
環境アノテーション

環境 namespace マニフェストには、アプリケーションのバージョンコントローラーコードソースを指定するための annotations.app.openshift.io/vcs-uri フィールドと annotations.app.openshift.io/vcs-ref フィールドが含まれている必要があります。<environment_name> 変数と環境 namespace マニフェストの名前には、必ず同じ値を設定してください。

環境 namespace マニフェストの仕様

apiVersion: v1
kind: Namespace
metadata:
  annotations:
    app.openshift.io/vcs-uri: <application_source_url>
    app.openshift.io/vcs-ref: <branch_reference>
  name: <environment_name> 1
...

1
環境 namespace マニフェストの名前。<environment_name> 変数の値と同じ値を設定します。

環境 namespace マニフェストの例

apiVersion: v1
kind: Namespace
metadata:
  annotations:
    app.openshift.io/vcs-uri: https://example.com/<your_domain>/<your_gitops.git>
    app.openshift.io/vcs-ref: main
  labels:
    argocd.argoproj.io/managed-by: openshift-gitops
  name: dev-env
...

5.11.2. ヘルス情報の確認

Red Hat OpenShift GitOps Operator は、GitOps バックエンドサービスを openshift-gitops namespace にインストールします。

前提条件

  • Red Hat OpenShift GitOps Operator は OperatorHub からインストールされます。
  • アプリケーションが Argo CD によって同期されていることを確認します。

手順

  1. Developer パースペクティブの下の Environments をクリックします。Environments ページには、Environment status と共にアプリケーションの一覧が表示されます。
  2. Environment status 列の下のアイコンの上にマウスをかざすと、すべての環境の同期ステータスが表示されます。
  3. リストからアプリケーション名をクリックし、特定のアプリケーションの詳細を表示します。
  4. Application environments ページで、Overview タブの Resources セクションにアイコンが表示されている場合は、アイコンにカーソルを合わせると、ステータスの詳細が表示されます。

    • ひびの入ったハートは、リソースの問題によってアプリケーションのパフォーマンスが低下したことを示します。
    • 黄色の逆三角形は、リソースの問題により、アプリケーションのヘルスに関するデータが遅れたことを示します。