Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

6.5. 機能ゲートの使用による各種機能の有効化

管理者は、テクノロジープレビュー機能をオンにすることができます。

6.5.1. 機能ゲートおよびテクノロジープレビュー機能について

機能ゲートのカスタムリソースを使用して、クラスター全体でテクノロジープレビュー機能を有効にすることができます。たとえば、これにより、テクノロジープレビュー機能を実稼働クラスターでは無効にしつつ、これらをテストクラスターで有効にし、完全にテストを実施することができます。

重要

機能ゲートを使用してテクノロジープレビュー機能をオンにした後にそれらをオフにすることはできません。 クラスターをアップグレードできなくなります。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲についての詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

6.5.2. FeatureGate の影響を受ける機能

以下のテクノロジープレビュー機能が OpenShift Container Platform に含まれています。

FeatureGate説明デフォルト

ExperimentalCriticalPodAnnotation

特定の Pod に「Critical」のアノテーションを付け、それらのスケジューリングが保証されるようにします。

True

RotateKubeletServerCertificate

クラスター上でのサーバー TLS 証明書のローテーションを有効にします。

True

SupportPodPidsLimit

Pod でのプロセス数 (PID) を制限するサポートを有効にします。

True

MachineHealthCheck

マシンプール内の正常でないマシンの自動修復を有効にします。

False

CSIBlockVolume

raw ブロックボリュームのサポートを実装するために外部 CSI ドライバーを有効にします。

False

LocalStorageCapacityIsolation

ローカルの一時ストレージの消費、および emptyDir ボリュームの sizeLimit プロパティーを有効にします。

False

機能ゲートカスタムリソースを編集して、 MachineHealthCheck および CSIBlockVolume 機能を有効にできます。これらの機能をオンにすると元に戻すことができなくなり、クラスターのアップグレードができなくなります。

LocalStorageCapacityIsolation は有効にできません。

6.5.3. 機能ゲートの使用によるテクノロジープレビュー機能の有効化

cluster という名前の機能ゲートカスタムリソースを openshift-config プロジェクトで編集し、クラスター内のすべてのノードに対して MachineHealthCheck および CSIBlockVolume テクノロジープレビュー機能をオンにできます。

有効化

重要

機能ゲートカスタムリソースを使用してテクノロジープレビュー機能をオンにすると元に戻すことができなくなり、アップグレードができなくなります。

手順

クラスター全体でテクノロジープレビュー機能をオンにするには、以下の手順を実行します。

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールで、AdministrationCustom Resource Definitions ページに切り替えます。
  2. Custom Resource Definitions ページで、FeatureGate をクリックします。
  3. Custom Resource Definitions ページで、 ActionsView Instances をクリックします。
  4. Feature Gates ページで、Create Feature Gates をクリックします。
  5. featureSet パラメーターを追加します。

    apiVersion: config.openshift.io/v1
    kind: FeatureGate
    metadata:
      name: cluster
    spec:
      featureSet: "TechPreviewNoUpgrade" 1
    1
    featureSet: "TechPreviewNoUpgrade" パラメーターを追加します。
  6. Save をクリックします。