Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

第4章 OpenShift Container Platform の開発について

高品質のエンタープライズアプリケーションの開発および実行時にコンテナーの各種機能をフルに活用できるようにするには、使用する環境が、コンテナーの以下の機能を可能にするツールでサポートされている必要があります。

  • 他のコンテナー化された/されていないサービスに接続できる分離したマイクロサービスとして作成される。たとえば、アプリケーションをデータベースに結合するが、またはアプリケーションに監視アプリケーションを割り当てることが必要になることがあります。
  • 回復性がある。 サーバーがクラッシュしたときやメンテナンスのために停止する必要があるとき、またはまもなく使用停止になる場合などに、コンテナーを別のマシンで起動することができます。
  • 自動化されている。コードの変更を自動的に選択し、新規バージョンの起動およびデプロイを自動化します。
  • スケールアップまたは複製が可能である。 需要の上下に合わせてクライアントに対応するインスタンスの数を増やしたり、インスタンスの数を減らしたりできます。
  • アプリケーションの種類に応じて複数の異なる方法で実行できる。たとえば、あるアプリケーションは月一回実行してレポートを作成した後に終了させる場合があります。別のアプリケーションは継続的に実行して、クライアントに対する高可用性が必要になる場合があります。
  • 管理された状態を保つ。 アプリケーションの状態を監視し、異常が発生したら対応できるようにします。

コンテナーが広く浸透し、エンタープライズレベルでの対応を可能にするためのツールや方法への要求が高まっていることにより、多くのオプションがコンテナーで利用できるようになりました。

このセクションの残りの部分では、 OpenShift Container Platform で Kubernetes のコンテナー化されたアプリケーションをビルドし、デプロイする際に作成できるアセットの各種のオプションについて説明します。また、各種の異なるアプリケーションや開発要件に適した方法についても説明します。

4.1. コンテナー化されたアプリケーションの開発について

コンテナーを使用したアプリケーションの開発にはさまざまな方法を状況に合わせて使用できます。単一コンテナーの開発から、最終的にそのコンテナーの大企業のミッションクリティカルなアプリケーションとしてのデプロイに対応する一連の方法の概要を示します。それぞれのアプローチと共に、コンテナー化されたアプリケーションの開発に使用できる各種のツール、フォーマットおよび方法を説明します。扱う内容は以下の通りです。

  • 単純なコンテナーをビルドし、レジストリーに格納する
  • Kubernetes マニフェストを作成し、それを Git リポジトリーに保存する
  • Operator を作成し、アプリケーションを他のユーザーと共有する