Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

1.3. 解決済みの問題

1.3.1. 修正された問題

次の問題は、現在のリリースで解決されています。

  • MAISTRA-4: アンインストールによってファイルはすべて削除せれず、customresourcedefinitions.apiextensions.k8s.io "installations.istio.openshift.com" がすでに存在しているため、 istio-operator を再インストールするとインストールは失敗します。
  • MAISTRA-5: openshift-ansible-istio-installer-job Pod は起動を試みますが、エラーが発生します。
  • MAISTRA-13: インストーラーはインストールされたコンポーネントのリリースバージョンを判別します。現時点で、インストーラーは yaml ファイルをクエリーしますが、yaml が変更された場合、インストーラーは古いバージョンを削除できません。
  • MAISTRA-21: インストーラーのデフォルトの 512Mi はトレーシングには低い値です。デフォルトの Elasticsearch メモリーが 512 MB から 1 GB に増加しました。
  • MAISTRA-61 該当するすべてのリソースが OpenShift にデプロイされると、Istio サイドカーコンテナーはそれらのルートについての情報を失い、次の更新を受け取るまでサービスと通信できなくなる可能性があります。
  • MAISTRA-79: istiooc cluster up コマンドの実行により、istio-operator namespace は Elasticsearch sysctl 要件を継続的に満たす Pod をデプロイします。このループは、クラスターを実行しているシステムの負荷を大幅に発生させます。
  • MAISTRA-110 大規模なクラスターでは、citadel がシークレットを作成するためにかなり時間がかかる場合があります。これにより、インストールが失敗する場合があります。
  • MAISTRA-157 条件付きレート制限機能は、アクセスを予想通りに制限しません。
  • MAISTRA-196 インストールを編集してパラメーターを変更する (例:認証を有効にする) 場合には、新しい 1.1 CRD configmap が存在することにより、新規インストールが失敗します。
  • MAISTRA-420 [マルチテナント実装] Jaeger エージェント Pod は、OpenShift 4.1.rc.5 のマルチテナンシーのデプロイメントでのポート競合が原因でスケジュールされません。
  • MAISTRA-245 アップストリームのコミュニティーバージョンを実行している場合は、サイドカーインジェクター Pod が起動に失敗します。
  • MAISTRA-462 [マルチテナント実装] namespace メンバーを 2 つ目のコントロールプレーンに追加した後、2 つ目のコントロールプレーンの namespace には maistra.io/member-of および istio.openshift.io/member-of ラベルがないため、Kiali は namespace 一覧に namespace メンバーを表示しません。これは、2 つ目のコントロールプレーンのインストールが、 MAISTRA-464(NodePort が最初のコントロールプレーンですでに使用されているために 2 つ目のコントロールプレーンで Operator が istio-ingressgateway サービスを作成できない問題) によって失敗することによって生じます。回避策としては、(oc edit svc を使用して)最初のコントロールプレーンの namespace の istio-ingressgateway サービスのノードポートを手動で変更することができます。その後 Operator は 2 つ目のコントロールプレーンのデプロイメントを完了できます。
  • MAISTRA-466 [マルチテナント実装] 複数のコントロールプレーンをインストールする場合、最新のインストールのみが機能するように、Operator は既存の Kiali インストールの Kiali oauthclient yaml を上書きします。Kiali oauthclient (oc get oauthclients kiali) には、OpenShift OAuth がリダイレクトする承認された URL の一覧が含まれます。使用する URL がこの一覧に含まれていない場合、oauth ログインは失敗し、以下のメッセージが返されます。

    `{"error":"invalid_request","error_description":"The request is missing a required parameter, includes an invalid parameter value, includes a parameter more than once, or is otherwise malformed."}
  • MAISTRA-469 ServiceMeshControlPlane を削除する前にプロジェクトを削除すると、クリーンアッププロセスは削除されたプロジェクトのリソースに対して実行されません。SecurityContextConstraints に追加されたサービスアカウントは削除されず、Kiali OAuthClient リソースは適切に更新されません。
  • MAISTRA-470 コントロールプレーンの namespace をメンバーロールに含めると、調整プロセスでは、ログを送信し、正常に設定されているメンバーについても configuredMembers 一覧のステータスが更新できないようにするエラーが出されます。
  • KIALI-1284 Istio では、ワークロードに、その出所にかかわらず、任意の Pod または Pod のグループを使用することができます。出所は、Kubernetes Deployment、Replica Set、あたは単一の「孤立」Pod である可能性があります。Kiali では、現時点でワークロードの出所は Deployment であることを前提としています。大半のケースがこれに該当するはずです。
  • KIALI-1570 Kiali コンソールでグラフを読み込むと、グラフが読み込まれていることを示すメッセージではなく、グラフが空であることを示すメッセージが表示されます。
  • KIALI-1572 Kiali ログを表示する際にこのエラーメッセージが表示されても、これを無視することができます。

    Failed to determine console version from file [/opt/kiali/console/version.txt]. error=open /opt/kiali/console/version.txt: no such file or directory Kiali: Console version: unknown
  • KIALI-1609 非常に小さい値 (例: 0.0.1 rps 未満) を処理する場合、グラフに不整合が生じる可能性があります。現在、非常に小さい値を処理する場合のこの機能の強化に向けて変更を実施できるように取り組んでいます。
  • KIALI-2261 Kiali グラフでは、要求トラフィックがなくても、未使用のリンク(トラフィックのないエッジ)には要求トラフィックの 100% のラベルが付けられます。KIALI-2296 も参照してください。
  • KIALI-2403 最新の Istio Pilot は異なるポートでリッスンするようになったため、Istio 1.1.0-snapshot.6 への移行後に Istio バージョンは Kiali About ページに一覧表示されなくなりました。Istio Pilot はポート 8080 でリッスンし、Pilot にアクセスして Istio バージョン (http://istio-pilot:8080/version) を判別できます。
  • KIALI-2430 TCP エッジをクリックしてから、HTTP エッジをクリックすると、グラフが Kiali でクラッシュします。
  • KIALI-2671 コントロールプレーンカスタムリソースでダッシュボードのユーザー/パスワードを指定しない場合、Operator はインストールに Oauth を使用します。Oauth を使用する OpenShift ストラテジーは、Red Hat OpenShift Service Mesh 0.12.TechPreview テクノロジープレビュー 10 では機能しません。回避策として、カスタムリソースにユーザーおよびパスワードを指定するようにしてください。
  • KIALI-2942 OpenShift OAuth を使用する場合、ログアウトリンクをクリックすると、Kiali コンソールにログインされます。ログイン URL に移動して、Cookies をチェックし、自動的にログインします。回避策として、Kiali の Cookie を削除します。