Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

5.2. 単一マスターの例

単一マスターと複数ノード、単一または複数の etcd ホストを含む環境を設定できます。

注記

インストール後の単一マスタークラスターから複数マスターへの移行はサポートされていません。

5.2.1. 単一マスター、単一 etcd および複数ノード

以下の表は、単一マスター (同じホストに静的 Pod として実行されている単一 etcd インスタンスがある)、ユーザーアプリケーションをホストする 2 つのノード専用インフラストラクチャーをホストする node-role.kubernetes.io/infra=true ラベル付きの 2 つのノードの環境の例を示しています。

ホスト名インストールするインフラストラクチャー/ロール

master.example.com

マスター、etcd、ノード

node1.example.com

コンピュートノード

node2.example.com

infra-node1.example.com

インフラストラクチャーノード

infra-node2.example.com

これらのサンプルホストは、以下のサンプルインベントリーファイルの [masters][etcd]、および [nodes] セクションに記載されています。

単一マスター、単一 etcd、および複数ノードのインベントリーファイル

# Create an OSEv3 group that contains the masters, nodes, and etcd groups
[OSEv3:children]
masters
nodes
etcd

# Set variables common for all OSEv3 hosts
[OSEv3:vars]
# SSH user, this user should allow ssh based auth without requiring a password
ansible_ssh_user=root

# If ansible_ssh_user is not root, ansible_become must be set to true
#ansible_become=true

openshift_deployment_type=openshift-enterprise

# uncomment the following to enable htpasswd authentication; defaults to DenyAllPasswordIdentityProvider
#openshift_master_identity_providers=[{'name': 'htpasswd_auth', 'login': 'true', 'challenge': 'true', 'kind': 'HTPasswdPasswordIdentityProvider'}]

# host group for masters
[masters]
master.example.com

# host group for etcd
[etcd]
master.example.com

# host group for nodes, includes region info
[nodes]
master.example.com openshift_node_group_name='node-config-master'
node1.example.com openshift_node_group_name='node-config-compute'
node2.example.com openshift_node_group_name='node-config-compute'
infra-node1.example.com openshift_node_group_name='node-config-infra'
infra-node2.example.com openshift_node_group_name='node-config-infra'

重要

ノードホストラベルの設定」を参照し、OpenShift Container Platform 3.9 以降のデフォルトノードセレクター要件とノードラベルに関する考慮事項を確認してください。

この例を使用するには、お使いの環境と仕様に合わせてファイルを変更し、これを /etc/ansible/hosts として保存します。