Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

3.5. プロキシーの上書きの設定

ノードの /etc/environment ファイルに http_proxy または https_proxy 値のいずれかが含まれる場合、OpenShift Container Platform コンポーネント間でのオープンな通信を可能にするため、そのファイルに no_proxy 値を設定する必要もあります。

注記

/etc/environment ファイルの no_proxy パラメーターは、インベントリーファイルに設定するグローバルプロキシー値と同じ値ではありません。グローバルプロキシー値では、プロキシーの設定を使って特定の OpenShift Container Platform サービスを設定します。詳細は、「グローバルプロキシーオプションの設定」を参照してください。

/etc/environment ファイルにプロキシー値が含まれる場合、以下の値を、各ノードでこのファイルの no_proxy パラメーターに以下の値を定義します。

  • マスターおよびノードのホスト名またはそれらのドメインサフィックス。
  • 他の内部ホスト名またはそれらのドメインサフィックス。
  • etcd IP アドレス。etcd アクセスはアドレスで制御されるので、ホスト名ではなく IP アドレスを指定する必要があります。
  • Kubernetes IP アドレス (デフォルトは 172.30.0.1)。インベントリーファイルの openshift_portal_net パラメーターに設定される値である必要があります。
  • Kubernetes の内部ドメインサフィックス: cluster.local
  • Kubernetes の内部ドメインサフィックス: .svc
注記

no_proxy は CIDR をサポートしないので、ドメインサフィックスを使用できます。

http_proxy または https_proxy 値のいずれかを使用する場合、 no_proxy パラメーターの値は以下の例のようになります。

no_proxy=.internal.example.com,10.0.0.1,10.0.0.2,10.0.0.3,.cluster.local,.svc,localhost,127.0.0.1,172.30.0.1