Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

2.2.2. ネットワークアクセス要件

共有ネットワークは、マスターとノードホスト間に存在する必要があります。標準のインストール方式を使用して高可用性のために複数のマスターを設定する計画をしている場合、インストールのプロセスで 仮想 IP (VIP) として設定される IP を選択する必要もあります。選択した IP はすべてのノード間でルーティングできる必要があり、FQDN を使用して設定する場合は、すべてのノード上で解決する必要があります。

2.2.2.1. NetworkManager

NetworkManager はネットワークに自動的に接続するシステムの検出と設定を行うプログラムであり、dnsmasq を DNS IP アドレスで設定するためにノードで必要となります。

NM_CONTROLLED はデフォルトで yes に設定されます。NM_CONTROLLEDno に設定されている場合、NetworkManager のディスパッチスクリプトは関連する origin-upstream-dns.conf dnsmasq ファイルを作成せず、dnsmasq を手動で設定する必要があります。