Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

2.2.4. クラウドプロバイダーの留意事項

OpenShift Container Platform をクラウドプロバイダーにインストールする場合に考慮すべき事柄がいくつかあります。

2.2.4.1. 検出された IP アドレスとホスト名の上書き

一部のデプロイメントでは、ユーザーがホストの検出されたホスト名と IP アドレスを上書きすることが必要です。デフォルト値を確認するには、Playbook ディレクトリーに切り替え、openshift_facts Playbook を実行します。

$ cd /usr/share/ansible/openshift-ansible
$ ansible-playbook  [-i /path/to/inventory] \
  playbooks/byo/openshift_facts.yml
重要

Amazon Web Services の場合は、「Overriding Detected IP Addresses and Host Names」のセクションを参照してください。

検出された共通の設定を確認してみましょう。それらが想定される内容と異なる場合にはそれらを上書きすることができます。

インベントリーファイルの設定」トピックでは、利用可能な Ansible 変数を詳しく説明します。

変数使用法

hostname

  • インスタンス自体から内部 IP アドレスに解決する。

ip

  • インスタンスの内部 IP アドレス。

public_hostname

  • クラウド外のホストから外部 IP に解決する。
  • プロバイダーの openshift_public_hostname が上書きする。

public_ip

  • インスタンスに関連付けられた外部からアクセス可能な IP アドレス。
  • openshift_public_ip が上書きする。

use_openshift_sdn

  • GCE 以外のすべてのクラウドについては、true に設定する。
  • openshift_use_openshift_sdn が上書きする。