Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

1.4. サポート対象のオペレーティングシステムのインストールタイプ

OpenShift Container Platform 3.10 以降、RHEL をホストの基礎となる OS として使用する場合、RPM 方式はホストに OpenShift Container Platform コンポーネントをインストールするために使用されます。RHEL Atomic Host を使用する場合、システムコンテナー方式がそのホストで使用されます。いずれのインストールタイプもクラスターに同じ機能を提供しますが、使用するオペレーティングシステムによってサービスおよびホストの更新の管理方法が異なります。

注記

OpenShift Container Platform 3.10 の時点で、includezerized インストール方法は Red Hat Enterprise Linux システムでサポートされなくなりました。

RPM インストールは、パッケージ管理ですべてのサービスをインストールし、サービスを同じユーザー空間で実行されるように設定します。 システムコンテナーのインストールは、システムコンテナーイメージを使用してサービスをインストールし、個別のコンテナーで個々のサービスを実行します。

RHEL で RPM を使用する場合、すべてのサービスが外部ソースのパッケージ管理によってインストールされ、更新されます。これらのパッケージは、同じユーザー空間内のホストの既存設定を変更します。RHEL Atomic Host でのシステムコンテナーインストールの場合は、OpenShift Container Platform の各コンポーネントはコンテナーとして同梱され (自己完結型パッケージ)、ホストのカーネルを使用して実行します。更新された新しいコンテナーはホストの既存のものを置き換えます。

以下の表およびセクションは、インストールタイプごとの詳細な相違点について説明しています。

表1.1 インストールタイプ間の相違点

 Red Hat Enterprise Linux (RHEL)RHEL Atomic Host

インストールタイプ

RPM ベース

システムコンテナー

配信メカニズム

yum を使用する RPM パッケージ

docker を使用するシステムコンテナー

サービス管理

systemd

docker および systemd ユニット

1.4.1. システムコンテナーの必須イメージ

システムコンテナーのインストールタイプは以下のイメージを使用します。

  • openshift3/ose-node

デフォルトで、上記のイメージはすべて registry.redhat.io の Red Hat Registry からプルされます。

プライベートレジストリーを使用してインストール中にこれらのイメージをプルする必要がある場合は、あらかじめレジストリー情報を指定できます。必要に応じてインベントリーファイルで以下の Ansible 変数を設定できます。

oreg_url='<registry_hostname>/openshift3/ose-${component}:${version}'
openshift_docker_insecure_registries=<registry_hostname>
openshift_docker_blocked_registries=<registry_hostname>
注記

ホストの IP アドレスに openshift_docker_insecure_registries 変数も設定できます。0.0.0.0/0 は有効な設定ではありません。

デフォルトコンポーネントは、oreg_url 値からイメージのプレフィックスおよびバージョンを継承します。

安全でないブロックされた追加のコンテナーレジストリーの設定はインストールプロセスの開始時に行われ、必要なイメージをプルする前にそれらの設定が適用されるようにします。