Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

5.3. 複数マスターの例

複数マスター、複数 etcd ホスト、複数ノードを含む環境を設定できます。高可用性 (HA) 対応複数マスターを設定すると、クラスターに単一障害点が設定されないようにすることができます。

注記

インストール後の単一マスタークラスターから複数マスターへの移行はサポートされていません。

複数マスターを設定する際には、クラスターインストールプロセスでネイティブ高可用性 (HA) メソッドがサポートされます。この方法は、OpenShift Container Platform に組み込まれているネイティブ HA マスター機能を活用するもので、 任意のロードバランシングソリューションと組み合わせことができます。

ホストがインベントリーファイルの [lb] セクションに定義されている場合、Ansible はロードバランシングソリューションとして HAProxy を自動的にインストールし、設定します。ホストが定義されていない場合、ユーザーが選択した外部のロードバランシングソリューションを事前に定義しており、マスター API (ポート 8443) をすべてのマスターホストで分散することが想定されます。

注記

この HAProxy ロードバランサーは、API サーバーの HA モードを実証することを意図したものであり、実稼働環境での使用には推奨されません。クラウドプロバイダーにデプロイする場合は、クラウドネイティブの TCP ベースのロードバランサーをデプロイするか、または高可用性ロードバランサーを提供するための他の手順を実行することを推奨します。

HAProxy ロードバランサーは、トラフィックを API サーバーへの負荷分散のためにのみ使用され、ユーザーアプリケーショントラフィックを負荷分散しません。

外部のロードバランシングソリューションを使用する場合は、以下が必要になります。

  • SSL パススルー対応に設定された、事前に作成されたロードバランサーの仮想 IP (VIP)
  • openshift_master_api_port 値 (デフォルトは 8443) で指定されたポートでリッスンし、そのポートですべてのマスターホストにプロキシー送信する VIP。
  • DNS に登録されている VIP のドメイン名。

    • このドメイン名は、OpenShift Container Platform インストーラーで openshift_master_cluster_public_hostnameopenshift_master_cluster_hostname の両方の値になります。

詳細については、「External Load Balancer Integrations example in Github」を参照してください。高可用性マスターアーキテクチャーの詳細については、「Kubernetes Infrastructure」を参照してください。

注記

現時点で、クラスターインストールプロセスはアクティブ/パッシブ設定の複数の HAProxy ロードバランサーをサポートしていません。インストール後の修正については、ロードバランサー管理ドキュメントを参照してください。

複数マスターを設定するには、「複数 etcd を持つ複数マスター」を参照してください。

5.3.1. 外部のクラスター化された etcd を含む、ネイティブ HA を使用した複数マスター

以下の表は、 ネイティブ HA 方法を使用する 3 つのマスター、1 つの HAProxy ロードバランサー、3 つの etcd ホスト、ユーザーアプリケーションをホストする 2 つのノード専用インフラストラクチャーをホストする node-role.kubernetes.io/infra=true ラベル付きの 2 つのノードの環境の例を示しています。

ホスト名インストールするインフラストラクチャー/ロール

master1.example.com

マスター (クラスター化、ネイティブ HA を使用) およびノード

master2.example.com

master3.example.com

lb.example.com

API マスターエンドポイントの負荷分散のみの HAProxy

etcd1.example.com

etcd

etcd2.example.com

etcd3.example.com

node1.example.com

コンピュートノード

node2.example.com

infra-node1.example.com

専用インフラストラクチャーノード

infra-node2.example.com

これらのサンプルホストは、以下のサンプルインベントリーファイルの [masters][etcd][lb] および [nodes] セクションに記載されています。

HAProxy インベントリーファイルを使用する複数マスター

# Create an OSEv3 group that contains the master, nodes, etcd, and lb groups.
# The lb group lets Ansible configure HAProxy as the load balancing solution.
# Comment lb out if your load balancer is pre-configured.
[OSEv3:children]
masters
nodes
etcd
lb

# Set variables common for all OSEv3 hosts
[OSEv3:vars]
ansible_ssh_user=root
openshift_deployment_type=openshift-enterprise

# uncomment the following to enable htpasswd authentication; defaults to DenyAllPasswordIdentityProvider
#openshift_master_identity_providers=[{'name': 'htpasswd_auth', 'login': 'true', 'challenge': 'true', 'kind': 'HTPasswdPasswordIdentityProvider'}]

# Native high availbility cluster method with optional load balancer.
# If no lb group is defined installer assumes that a load balancer has
# been preconfigured. For installation the value of
# openshift_master_cluster_hostname must resolve to the load balancer
# or to one or all of the masters defined in the inventory if no load
# balancer is present.
openshift_master_cluster_method=native
openshift_master_cluster_hostname=openshift-internal.example.com
openshift_master_cluster_public_hostname=openshift-cluster.example.com

# apply updated node defaults
openshift_node_groups=[{'name': 'node-config-all-in-one', 'labels': ['node-role.kubernetes.io/master=true', 'node-role.kubernetes.io/infra=true', 'node-role.kubernetes.io/compute=true'], 'edits': [{ 'key': 'kubeletArguments.pods-per-core','value': ['20']}]}]

# host group for masters
[masters]
master1.example.com
master2.example.com
master3.example.com

# host group for etcd
[etcd]
etcd1.example.com
etcd2.example.com
etcd3.example.com

# Specify load balancer host
[lb]
lb.example.com

# host group for nodes, includes region info
[nodes]
master[1:3].example.com openshift_node_group_name='node-config-master'
node1.example.com openshift_node_group_name='node-config-compute'
node2.example.com openshift_node_group_name='node-config-compute'
infra-node1.example.com openshift_node_group_name='node-config-infra'
infra-node2.example.com openshift_node_group_name='node-config-infra'

重要

ノードホストラベルの設定」を参照し、OpenShift Container Platform 3.9 以降のデフォルトノードセレクター要件とノードラベルに関する考慮事項を確認してください。

この例を使用するには、お使いの環境と仕様に合わせてファイルを変更し、これを /etc/ansible/hosts として保存します。