Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

1.3.3. ネイティブの高可用性 (HA) を使用する複数マスター

以下では、ネイティブ HA メソッドを使用する、3 つのマスター、1 つの HAProxy ロードバランサー、2 つのノードのサンプル環境を説明しています。 etcd はマスターノードで静的 Pod として実行されます。

重要

ルーターとマスターノードの負荷が高くなり、耐障害性のある環境を維持するためには、ルーターとマスターノードの負荷が分散されます。Red Hat は、実稼働環境にエンタープライズレベルの外部ロードバランサーの使用を推奨します。この負荷分散は、OpenShift Container Platform ルーターを実行するホストであるマスターとノードに適用されます。負荷が IP アドレスに分散される Transmission Control Protocol (TCP) レイヤー 4 の負荷分散が推奨されます。参照設計については、「External Load Balancer Integrations with OpenShift Enterprise 3」を参照してください。これは、実稼働環境での使用には推奨されません。

ホスト名インストールするインフラストラクチャーコンポーネント

master1.example.com

マスター (クラスター化、ネイティブ HA を使用) およびノードおよびクラスター化された etcd

master2.example.com

master3.example.com

lb.example.com

API マスターエンドポイントの負荷分散を行う HAProxy

node1.example.com

ノード

node2.example.com