Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

3.7. 基本パッケージのインストール

重要

ホストが RHEL 7.5 を使用しており、OpenShift Container Platform のデフォルト docker 設定 (OverlayFS ストレージおよびすべてのデフォルトロギングオプションを使用) を受け入れる必要がある場合、これらのパッケージを手動でインストールしないでください。これらのパッケージは、インストール時に prerequisites.yml Playbook を実行する場合にインストールされます。

ホストが RHEL 7.4 を使用するか、または RHEL 7.5 を使用し、docker 設定をカスタマイズする必要がある場合、以下のパッケージをインストールします。

RHEL 7 システムの場合:

  1. 以下の基本パッケージをインストールします。

    # yum install wget git net-tools bind-utils yum-utils iptables-services bridge-utils bash-completion kexec-tools sos psacct
  2. システムを最新パッケージに更新します。

    # yum update
    # reboot
  3. 使用するインストール方式に必要なパッケージをインストールします。

    • コンテナー化されたインストーラーを使用する予定がある場合、以下のパッケージをインストールします。

      # yum install atomic
    • RPM ベースのインストーラーを使用する予定がある場合、以下のパッケージをインストールします。

      # yum install openshift-ansible

      このパッケージはインストーラーユーティリティーを提供し、Ansible、Playbook、および関連する設定ファイルなどの、クラスターインストールプロセスが必要とする他のパッケージをプルします。

RHEL Atomic Host 7 システムの場合:

  1. 最新の Atomic ツリーにアップグレードしてホストが最新の状態にあることを確認します (利用可能な場合)。

    # atomic host upgrade
  2. アップグレードが完了し、以下の起動の準備ができたら、ホストを再起動します。

    # reboot