Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

第8章 OpenShift Container コンテナーイメージレジストリーのスタンドアロンデプロイメントのインストール

OpenShift Container Platform は、OpenShift Container レジストリー (OCR) と呼ばれる統合コンテナーイメージレジストリーを含む完全な機能を備えたエンタープライズソリューションです。また、OpenShift Container Platform を開発者向けの完全な PaaS 環境としてデプロイする代わりに、 OCR をスタンドアロンのコンテナーイメージレジストリーとしてインストールし、オンサイトまたはクラウドで実行することも可能です。

OCR のスタンドアロンデプロイメントをインストールすると、標準的な OpenShift Container Platform のインストールと同様にマスターとノードのクラスターも引き続きインストールされます。次に、コンテナーイメージレジストリーはそのクラスター上で実行されるようにデプロイされます。このスタンドアロンデプロイメントのオプションは、コンテナーイメージレジストリーは必要だが、開発者向けの Web コンソールやアプリケーションのビルドおよびデプロイツールを含む OpenShift Container Platform の完全な環境は必要ない、という管理者に役立ちます。

OCR には以下の機能があります。

管理者は、スタンドアロン OCR をデプロイすることで OpenShift Container Platform の複数のクラスターに対応しているレジストリーを個別に管理できます。また、スタンドアロン OCR を使うと、セキュリティーやコンプライアンスに関する独自の要件を満たすようにレジストリーを分離することも可能です。

8.1. ハードウェアの最小要件

スタンドアロン OCR をインストールするためのハードウェア要件は以下の通りです。

  • 物理または仮想システム、またはパブリックまたはプライベート IaaS で実行されるインスタンス。
  • ベース OS: RHEL 7.5 以降 (RHEL 7 Extras チャンネルの「最小限の」インストールオプションおよび最新のパッケージ)、または、RHEL Atomic Host 7.4.5 以降。
  • NetworkManager 1.0 以降。
  • 2 vCPU。
  • 16 GB 以上の RAM。
  • /var/ を含むファイルシステムの 15 GB 以上のハードディスク領域。
  • Docker のストレージバックエンドに使用する 15 GB 以上の追加の未割り当て領域。 詳細は「Docker ストレージの設定」を参照してください。
重要

OpenShift Container Platform は x86_64 or IBM POWER アーキテクチャーを使用するサーバーをサポートします。IBM POWER サーバーを使用してクラスターホストをホストする場合は、使用できるサーバーは IBM POWER のみになります。

注記

RHEL Atomic Host の /var/ のファイルシステムのサイジング要件を満たすには、デフォルト設定を変更する必要があります。インストール時またはインストール後にこの設定を行う方法については「Managing Storage in Red Hat Enterprise Linux Atomic Host」を参照してください。