Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

第5章 インベントリーファイルの例

5.1. 概要

独自のインベントリーファイルの設定の基本を理解したら、高可用性のために複数マスターを使用することを含め、各種の環境トポロジーを記述する以下のインベントリーサンプルを確認できます。要件に一致するサンプルを選択し、これを環境に合わせて変更し、インストールの実行時にインベントリーファイルとして使用できます。

重要

以下のインベントリーのサンプルでは、[nodes] グループにホストごとに openshift_node_group_name を設定する際にノードグループのデフォルトセットを使用します。独自のカスタムノードグループの定義を定義し、使用するには、インベントリーファイルに openshift_node_groups 変数も設定する必要があります。詳細は、「Defining Node Groups and Host Mappings」を参照してください。