Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

4.23. Web コンソールのカスタマイズの設定

以下の Ansible 変数は、Web コンソールをカスタマイズするためのマスター設定オプションを設定します。これらのカスタマイズオプションの詳細については、「Web コンソールのカスタマイズ」を参照してください。

表4.12 Web コンソールのカスタマイズ変数

変数目的

openshift_web_console_install

Web コンソールをインストールするかどうかを決定します。true または false に設定できます。デフォルトは true です。

openshift_web_console_prefix

Web コンソールイメージのプレフィックスを指定します。

openshift_master_logout_url

Web コンソールの設定で clusterInfo.logoutPublicURL を設定します。詳細は、「ログアウト URL の変更」を参照してください。値の例: https://example.com/logout

openshift_web_console_extension_script_urls

Web コンソールの設定で extensions.scriptURLs を設定します。詳細は、「 拡張スクリプトとスタイルシートの読み込み 」を参照してください。値の例: ['https://example.com/scripts/menu-customization.js','https://example.com/scripts/nav-customization.js']

openshift_web_console_extension_stylesheet_urls

Web コンソール設定で extensions.stylesheetURLs を設定します。詳細は、「 拡張スクリプトとスタイルシートの読み込み 」を参照してください。値の例: ['https://example.com/styles/logo.css','https://example.com/styles/custom-styles.css']

openshift_master_oauth_template

マスター設定で OAuth テンプレートを設定します。詳細については、「ログインページのカスタマイズ」を参照してください。値の例: ['/path/to/login-template.html']

openshift_master_metrics_public_url

マスター設定で metricsPublicURL を設定します。詳細は、「メトリクスのパブリック URL の設定」を参照してください。値の例: https://hawkular-metrics.example.com/hawkular/metrics

openshift_master_logging_public_url

マスター設定で loggingPublicURL を設定します。詳細は、「Kibana」を参照してください。値の例: https://kibana.example.com

openshift_web_console_inactivity_timeout_minutes

アクティブでない状態が一定期間続いた後にユーザーを自動的にログアウトするように Web コンソールを設定します。5 以上の整数を指定する必要があります。0 では、この昨日は無効になります。デフォルトは 0 (無効) です。

openshift_web_console_cluster_resource_overrides_enabled

クラスターがオーバーコミット対応に設定されているかどうかを示すブール値。true の場合、リソースの上限の編集時に、Web コンソールには CPU 要求、CPU 制限およびメモリー要求のフィールドは表示されません。 これらの値は、クラスターリソースのオーバーライド設定で設定する必要があるためです。

openshift_web_console_enable_context_selector

2 つのコンソール間で簡単に切り換えられるように、Web コンソールおよび管理コンソールのタイトルでコンテキストセレクターを有効にします。両方のコンソールがインストールされている場合、デフォルトは true に設定されます。