Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

4.22.2. テンプレートサービスブローカーの設定

テンプレートサービスブローカー (TSB) は、インストール時にデフォルトで有効になります。

TSB をインストールしない場合は、template_service_broker_install パラメーターの値を false に設定します。

template_service_broker_install=false

TSB を設定するには、テンプレートとイメージストリームをサービスカタログに読み込めるように 1 つ以上のプロジェクトをブローカーのソースの namespace として定義する必要があります。インベントリーファイルの [OSEv3:vars] セクションの以下の箇所を変更して、ソースプロジェクトを設定します。

openshift_template_service_broker_namespaces=['openshift','myproject']

表4.11 テンプレートサービスブローカーのカスタマイズ変数

変数目的

template_service_broker_prefix

テンプレートサービスブローカーのコンポーネントイメージのプレフィックスを指定します。

ansible_service_broker_image_prefix

Ansible サービスブローカーのコンポーネントイメージのプレフィックスを指定します。