Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

4.5. ノードグループおよびホストマッピングの定義

ノードの設定はマスターからブートストラップされるようになりました。ノードおよびサービスが起動されると、ノードは、kubeconfig および他のノード設定ファイルが存在するかどうかをクラスターに参加する前に確認します。存在しない場合には、ノードはマスターから設定をプルしてから、クラスターに参加します。

このプロセスにより、管理者は各ノードホストで一意のノード設定を手動で維持する必要があります。その代わりに、ノードホストの /etc/origin/node/node-config.yaml ファイルの内容がマスターから取得される ConfigMap によって提供されるようになりました。

4.5.1. ノードの ConfigMap

ノード設定の定義用の ConfigMap は openshift-node プロジェクトで利用できる状態でなければなりません。ConfigMap はノードラベルの信頼できる定義となり、以前の openshift_node_labels の値は事実上、無視されます。

デフォルトで、クラスターのインストール時にインストーラーは以下のデフォルト ConfigMap を作成します。

  • node-config-master
  • node-config-infra
  • node-config-compute

以下の ConfigMap も作成され、複数のロールにノードをラベル付けします。

  • node-config-all-in-one
  • node-config-master-infra

以下の ConfigMap は、それぞれの既存のデフォルトノードグループの CRI-O バリアントです。

  • node-config-master-crio
  • node-config-infra-crio
  • node-config-compute-crio
  • node-config-all-in-one-crio
  • node-config-master-infra-crio
重要

ノードホストの /etc/origin/node/node-config.yaml ファイルを変更することはできません。変更については、ノードが使用する ConfigMap で定義さえる設定で上書きされます。