Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

4.4. ホスト変数の設定

Ansible のインストール時に環境変数をホストに割り当てるには、[masters] セクションまたは [nodes] セクションにホストを入力した後に /etc/ansible/hosts ファイルで必要な変数を指定します。以下は例になります。

[masters]
ec2-52-6-179-239.compute-1.amazonaws.com openshift_public_hostname=ose3-master.public.example.com

以下の表は、Ansible インストーラーで使用され、個々のホストエントリーに割り当てることができる変数を示しています。

表4.3 ホスト変数

変数目的

openshift_public_hostname

この変数は、システムのパブリックホスト名を上書きします。クラウドインストールやネットワークアドレス変換 (NAT) を使用するネットワーク上のホストに使用します。

openshift_public_ip

この変数は、システムのパブリック IP アドレスを上書きします。クラウドインストールやネットワークアドレス変換 (NAT) を使用するネットワーク上のホストに使用します。

openshift_node_labels

この変数は非推奨になっています。 現在のノードラベルの設定方法については、「ノードグループおよびホストマッピングの定義」を参照してください。

openshift_docker_options

この変数は、Managing Container Logs で使用されるオプションなど、/etc/sysconfig/docker 内に追加の docker オプションを設定します。json-file を使用することを推奨します。

以下の例は、json-file ログドライバーを使用するための Docker の設定を示しています。ここでは、Docker は、3 つの 1 MB ファイル間でローテーションし、署名検証は必要ありません。追加のオプションを指定する場合は、単一引用符のフォーマットが使用されることを確認します。

OPTIONS=' --selinux-enabled --log-opt  max-size=1M --log-opt max-file=3 --insecure-registry 172.30.0.0/16 --log-driver=json-file --signature-verification=false'

openshift_schedulable

この変数は、ホストがスケジュール可能ノードとしてマークされているかどうか、つまり、新しい Pod を配置できるかどうかを設定します。マスターでのスケジュール可能性の設定を参照してください。

openshift_node_problem_detector_install

この変数は、Node Problem Detector をアクティブにするために使用されます。false, the default に設定される場合、Node Problem Detector はインストールされず、起動しません。