Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

4.13. OpenShift Container レジストリーの設定

統合された OpenShift Container レジストリー は、インストーラーを使用してデプロイできます。

4.13.1. レジストリーストレージの設定

レジストリーストレージのオプションが使用されていない場合、デフォルトの OpenShift Container レジストリーは一時的で、Pod が存在しなくなるとすべてのデータが失われます。

重要

テストにより、RHEL NFS サーバーをコンテナーイメージレジストリーのストレージバックエンドとして使用することに関する問題が検出されています。これには、OpenShift Container レジストリーおよび Quay が含まれます。そのため、コアサービスで使用される PV をサポートするために RHEL NFS サーバーを使用することは推奨されていません。

他の NFS の実装ではこれらの問題が検出されない可能性があります。OpenShift コアコンポーネントに対して実施された可能性のあるテストに関する詳細情報は、個別の NFS 実装ベンダーにお問い合わせください。

通常インストーラー (advanced installer) を使用している場合にレジストリーストレージを有効にするには、以下のいくつかのオプションを選択できます。

オプション A: NFS ホストグループ

次の変数が設定されている場合、クラスターインストール時に [nfs] ホストグループ内のホストのパス <nfs_directory>/<volume_name> に NFS ボリュームが作成されます。たとえば、次のオプションを使用した場合、ボリュームパスは /exports/registry になります。

[OSEv3:vars]

# nfs_directory must conform to DNS-1123 subdomain must consist of lower case
# alphanumeric characters, '-' or '.', and must start and end with an alphanumeric character

openshift_hosted_registry_storage_kind=nfs
openshift_hosted_registry_storage_access_modes=['ReadWriteMany']
openshift_hosted_registry_storage_nfs_directory=/exports
openshift_hosted_registry_storage_nfs_options='*(rw,root_squash)'
openshift_hosted_registry_storage_volume_name=registry
openshift_hosted_registry_storage_volume_size=10Gi
オプション B: 外部 NFS ホスト

外部 NFS ボリュームを使用するには、該当する NFS ボリュームがストレージホストの <nfs_directory>/<volume_name> パスにすでに存在している必要があります。次のオプションを使用した場合、リモートボリュームパスは nfs.example.com:/exports/registry になります。

[OSEv3:vars]

# nfs_directory must conform to DNS-1123 subdomain must consist of lower case
# alphanumeric characters, '-' or '.', and must start and end with an alphanumeric character

openshift_hosted_registry_storage_kind=nfs
openshift_hosted_registry_storage_access_modes=['ReadWriteMany']
openshift_hosted_registry_storage_host=nfs.example.com
openshift_hosted_registry_storage_nfs_directory=/exports
openshift_hosted_registry_storage_volume_name=registry
openshift_hosted_registry_storage_volume_size=10Gi
NFS を使用した OpenShift Container Platform のアップグレードまたはインストール
オプション C: OpenStack プラットフォーム

OpenStack ストレージ設定がすでに存在している必要があります。

[OSEv3:vars]

openshift_hosted_registry_storage_kind=openstack
openshift_hosted_registry_storage_access_modes=['ReadWriteOnce']
openshift_hosted_registry_storage_openstack_filesystem=ext4
openshift_hosted_registry_storage_openstack_volumeID=3a650b4f-c8c5-4e0a-8ca5-eaee11f16c57
openshift_hosted_registry_storage_volume_size=10Gi
オプション D: AWS または別の S3 ストレージソリューション

シンプルストレージソリューション (S3) バケットがすでに存在している必要があります。

[OSEv3:vars]

#openshift_hosted_registry_storage_kind=object
#openshift_hosted_registry_storage_provider=s3
#openshift_hosted_registry_storage_s3_accesskey=access_key_id
#openshift_hosted_registry_storage_s3_secretkey=secret_access_key
#openshift_hosted_registry_storage_s3_bucket=bucket_name
#openshift_hosted_registry_storage_s3_region=bucket_region
#openshift_hosted_registry_storage_s3_chunksize=26214400
#openshift_hosted_registry_storage_s3_rootdirectory=/registry
#openshift_hosted_registry_pullthrough=true
#openshift_hosted_registry_acceptschema2=true
#openshift_hosted_registry_enforcequota=true

Minio や ExoScale などの別の S3 サービスを使用している場合は、リージョンエンドポイントパラメーターも追加します。

openshift_hosted_registry_storage_s3_regionendpoint=https://myendpoint.example.com/
オプション E: コンバージドモード

コンバージドモードの設定と同様に、Red Hat Gluster Storage はクラスターの初期インストール時に OpenShift Container レジストリーのストレージを提供するように設定できます。 これにより、冗長で信頼性の高いレジストリーのストレージを確保できます。

重要

具体的なホストの準備と前提条件については、コンバージドモードに関する考慮事項を参照してください。

  1. インベントリーファイルの [OSEv3:vars] セクションに次の変数を追加し、設定に合わせてそれらを調整します。

    [OSEv3:vars]
    ...
    openshift_hosted_registry_storage_kind=glusterfs 1
    openshift_hosted_registry_storage_volume_size=5Gi
    openshift_hosted_registry_selector='node-role.kubernetes.io/infra=true'
    1
    統合 OpenShift Container Registry をインフラストラクチャーノードで実行することが推奨されます。インフラストラクチャーノードは、OpenShift Container Platform クラスターのサービスを提供するために管理者がデプロイするアプリケーションを実行する専用ノードです。
  2. [OSEv3:children] セクションに glusterfs_registry を追加して、[glusterfs_registry] グループを有効にします。

    [OSEv3:children]
    masters
    nodes
    glusterfs_registry
  3. GlusterFS ストレージをホストする各ストレージノードのエントリーを含む [glusterfs_registry] セクションを追加します。ノードごとに、 glusterfs_devices を GlusterFS クラスターの一部として完全に管理される raw ブロックデバイスの一覧に設定します。少なくとも 1 つのデバイスを一覧に含める必要があります。各デバイスはパーティションや LVM PV がないベアでなければなりません。変数は次の形式で指定します。

    <hostname_or_ip> glusterfs_devices='[ "</path/to/device1/>", "</path/to/device2>", ... ]'

    以下に例を示します。

    [glusterfs_registry]
    node11.example.com glusterfs_devices='[ "/dev/xvdc", "/dev/xvdd" ]'
    node12.example.com glusterfs_devices='[ "/dev/xvdc", "/dev/xvdd" ]'
    node13.example.com glusterfs_devices='[ "/dev/xvdc", "/dev/xvdd" ]'
  4. [glusterfs_registry] の下に一覧表示されているホストを [nodes] グループに追加します。

    [nodes]
    ...
    node11.example.com openshift_node_group_name="node-config-infra"
    node12.example.com openshift_node_group_name="node-config-infra"
    node13.example.com openshift_node_group_name="node-config-infra"
オプション F: Google Compute Engine (GCE) 上の Google Cloud Storage (GCS) バケット

GCS バケットがすでに存在している必要があります。

[OSEv3:vars]

openshift_hosted_registry_storage_provider=gcs
openshift_hosted_registry_storage_gcs_bucket=bucket01
openshift_hosted_registry_storage_gcs_keyfile=test.key
openshift_hosted_registry_storage_gcs_rootdirectory=/registry
オプション G: vSphere ボリュームおよび vSphere Cloud Provider (VCP)

vSphere Cloud Provider は、OpenShift Container Platform ノードでアクセスできるデータストアで設定される必要があります。

レジストリーに vSphere ボリュームを使用する場合、ストレージアクセスモードを ReadWriteOnce に設定し、レプリカ数を 1 に設定する必要があります。

[OSEv3:vars]

openshift_hosted_registry_storage_kind=vsphere
openshift_hosted_registry_storage_access_modes=['ReadWriteOnce']
openshift_hosted_registry_storage_annotations=['volume.beta.kubernetes.io/storage-provisioner: kubernetes.io/vsphere-volume']
openshift_hosted_registry_replicas=1