Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

4.18. 証明書の有効性の設定

デフォルトで、etcd、マスター、kubelet の管理に使用される証明書は 2 から 5 年で有効期限切れになります。自動生成されるレジストリー、CA、ノードおよびマスター証明書の有効性 (有効期限が切れるまでの日数) は、以下の変数 (デフォルト値が表示されています) を使用してインストール時に設定できます。

[OSEv3:vars]

openshift_hosted_registry_cert_expire_days=730
openshift_ca_cert_expire_days=1825
openshift_master_cert_expire_days=730
etcd_ca_default_days=1825

これらの値は、 Ansible のインストール後での 証明書の再デプロイ時にも使用されます。