Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

10.7.3. パラメーター

パラメーターにより、テンプレートがインスタンス化される時に値を生成するか、ユーザーが値を指定できるようになります。パラメーターが参照されると、値が置換されます。参照は、オブジェクト一覧フィールドであればどこでも定義できます。これは、無作為にパスワードを作成したり、テンプレートのカスタマイズに必要なユーザー固有の値やホスト名を指定したりできるので便利です。パラメーターは、2 種類の方法で参照可能です。

  • 文字列の値として、テンプレートの文字列フィールドに ${PARAMETER_NAME} の形式で配置する
  • json/yaml の値として、テンプレートのフィールドに ${{PARAMETER_NAME}} の形式で配置する

${PARAMETER_NAME} 構文を使用すると、複数のパラメーター参照を 1 つのフィールドに統合でき、"http://${PARAMETER_1}${PARAMETER_2}" などのように、参照を固定データ内に埋め込むことができます。どちらのパラメーター値も置換されて、引用された文字列が最終的な値になります。

${{PARAMETER_NAME}} 構文のみを使用する場合は、単一のパラメーター参照のみが許可され、先頭文字や終了文字は使用できません。結果の値は、置換後に結果が有効な json オブジェクトの場合は引用されません。結果が有効な json 値でない場合に、結果の値は引用され、標準の文字列として処理されます。

単一のパラメーターは、テンプレート内で複数回参照でき、1 つのテンプレート内で両方の置換構文を使用して参照することができます。

デフォルト値を指定でき、ユーザーが別の値を指定していない場合に使用されます。

例10.5 デフォルト値として明示的な値の設定

parameters:
  - name: USERNAME
    description: "The user name for Joe"
    value: joe

パラメーター値は、パラメーター定義に指定したルールを基に生成することも可能です。

例10.6 パラメーター値の生成

parameters:
  - name: PASSWORD
    description: "The random user password"
    generate: expression
    from: "[a-zA-Z0-9]{12}"

上記の例では、処理後に、大文字、小文字、数字すべてを含む 12 文字長のパスワードが無作為に作成されます。

利用可能な構文は、完全な正規表現構文ではありません。ただし、\w\d、および \a 修飾子を使用できます。

  • [\w]{10} は、10 桁の英字、数字、およびアンダースコアを生成します。これは PCRE 標準に準拠し、[a-zA-Z0-9_]{10} に相当します。
  • [\d]{10} は 10 桁の数字を生成します。これは [0-9]{10} に相当します。
  • [\a]{10} は 10 桁の英字を生成します。これは [a-zA-Z]{10} に相当します。

以下は、パラメーター定義と参照を含む完全なテンプレートの例です。

例10.7 パラメーター定義と参照を含む完全なテンプレート

kind: Template
apiVersion: v1
metadata:
  name: my-template
objects:
  - kind: BuildConfig
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: cakephp-mysql-example
      annotations:
        description: Defines how to build the application
    spec:
      source:
        type: Git
        git:
          uri: "${SOURCE_REPOSITORY_URL}" 1
          ref: "${SOURCE_REPOSITORY_REF}"
        contextDir: "${CONTEXT_DIR}"
  - kind: DeploymentConfig
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: frontend
    spec:
      replicas: "${{REPLICA_COUNT}}" 2
parameters:
  - name: SOURCE_REPOSITORY_URL 3
    displayName: Source Repository URL 4
    description: The URL of the repository with your application source code 5
    value: https://github.com/sclorg/cakephp-ex.git 6
    required: true 7
  - name: GITHUB_WEBHOOK_SECRET
    description: A secret string used to configure the GitHub webhook
    generate: expression 8
    from: "[a-zA-Z0-9]{40}" 9
  - name: REPLICA_COUNT
    description: Number of replicas to run
    value: "2"
    required: true
message: "... The GitHub webhook secret is ${GITHUB_WEBHOOK_SECRET} ..." 10
1
この値は、テンプレートがインスタンス化された時点で SOURCE_REPOSITORY_URL パラメーターに置き換えられます。
2
この値は、テンプレートがインスタンス化された時点で、REPLICA_COUNT パラメーターの引用なしの値に置き換えられます。
3
パラメーター名。この値は、テンプレート内でパラメーターを参照するのに使用します。
4
分かりやすいパラメーターの名前。これは、ユーザーに表示されます。
5
パラメーターの説明。期待値に対する制約など、パラメーターの目的を詳細にわたり説明します。説明には、コンソールのテキスト標準に従い、完全な文章を使用するようにしてください。表示名と同じ内容を使用しないでください。
6
テンプレートをインスタンス化する時に、ユーザーにより値が上書きされない場合に使用されるパラメーターのデフォルト値。パスワードなどのデフォルト値の使用を避けるようにしてください。 シークレットと組み合わせた生成パラメーターを使用するようにしてください。
7
このパラメーターが必須であることを示します。つまり、ユーザーは空の値で上書きできません。パラメーターでデフォルト値または生成値が指定されていない場合には、ユーザーは値を指定する必要があります。
8
値が生成されるパラメーター
9
ジェネレーターへの入力。この場合、ジェネレーターは、大文字、小文字を含む 40 桁の英数字の値を生成します。
10
パラメーターはテンプレートメッセージに含めることができます。これにより、生成された値がユーザーに通知されます。