Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

10.7.4. オブジェクト一覧

テンプレートの主な部分は、テンプレートがインスタンス化される時に作成されるオブジェクトの一覧です。これには、BuildConfig、DeploymentConfig、Service など、有効な API オブジェクト を使用できます。オブジェクトは、ここで定義された通りに作成され、パラメーターの値は作成前に置換されます。これらのオブジェクトの定義では、以前に定義したパラメーターを参照できます。

kind: "Template"
apiVersion: "v1"
metadata:
  name: my-template
objects:
  - kind: "Service" 1
    apiVersion: "v1"
    metadata:
      name: "cakephp-mysql-example"
      annotations:
        description: "Exposes and load balances the application pods"
    spec:
      ports:
        - name: "web"
          port: 8080
          targetPort: 8080
      selector:
        name: "cakephp-mysql-example"
1
Service の定義。 このテンプレートにより作成されます。
注記

オブジェクト定義のメタデータに namespace フィールドの固定値が含まれる場合、フィールドはテンプレートのインスタンス化の際に定義から取り除かれます。namespace フィールドにパラメーター参照が含まれる場合には、通常のパラメーター置換が行われ、パラメーター置換が値を解決した namespace で、オブジェクトが作成されます。 この際、ユーザーは対象の namespace でオブジェクトを作成するパーミッションがあることが前提です。