Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

10.7.7. テンプレートの準備ができるまで待機

テンプレートの作成者は、テンプレート内の特定のオブジェクトがサービスカタログ、Template Service Broker または TemplateInstance API によるテンプレートのインスタンス化が完了したとされるまで待機する必要があるかを指定できます。

この機能を使用するには、テンプレート内の BuildBuildConfigDeploymentDeploymentConfigJob または StatefulSet のオブジェクト 1 つ以上に、次のアノテーションでマークを付けてください。

"template.alpha.openshift.io/wait-for-ready": "true"

テンプレートのインスタンス化は、アノテーションのマークが付けられたすべてのオブジェクトが準備できたと報告されるまで、完了しません。同様に、アノテーションが付けられたオブジェクトが失敗したと報告されるか、固定タイムアウトである 1 時間以内にテンプレートの準備が整わなかった場合に、テンプレートのインスタンス化は失敗します。

インスタンス化の目的で、各オブジェクトの種類の準備状態および失敗は以下のように定義されます。

種類準備状態 (Readines)失敗 (Failure)

Build

オブジェクトが Complete (完了) フェーズを報告する

オブジェクトが Canceled (キャンセル)、Error (エラー)、または Failed (失敗) を報告する

BuildConfig

関連付けられた最新のビルドオブジェクトが Complete (完了) フェーズを報告する

関連付けられた最新のビルドオブジェクトが Canceled (キャンセル)、Error (エラー)、または Failed (失敗) を報告する

Deployment

オブジェクトが新しい ReplicaSet やデプロイメントが利用可能であることを報告する (これはオブジェクトに定義された readiness プローブに従います)

オブジェクトで、Progressing (進捗中) の状態が false であると報告される

DeploymentConfig

オブジェクトが新しい ReplicaController やデプロイメントが利用可能であると報告する (これはオブジェクトに定義された readiness プローブに従います)

オブジェクトで、Progressing (進捗中) の状態が false であると報告される

Job

オブジェクトが完了 (completion) を報告する

オブジェクトが 1 つ以上の失敗が発生したことを報告する

StatefulSet

オブジェクトがすべてのレプリカが準備状態にあることを報告する (これはオブジェクトに定義された readiness プローブに従います)

該当なし

以下は、テンプレートサンプルを一部抜粋したものです。この例では、wait-for-ready アノテーションが使用されています。他のサンプルは、OpenShift クイックスタートテンプレートにあります。

kind: Template
apiVersion: v1
metadata:
  name: my-template
objects:
- kind: BuildConfig
  apiVersion: v1
  metadata:
    name: ...
    annotations:
      # wait-for-ready used on BuildConfig ensures that template instantiation
      # will fail immediately if build fails
      template.alpha.openshift.io/wait-for-ready: "true"
  spec:
    ...
- kind: DeploymentConfig
  apiVersion: v1
  metadata:
    name: ...
    annotations:
      template.alpha.openshift.io/wait-for-ready: "true"
  spec:
    ...
- kind: Service
  apiVersion: v1
  metadata:
    name: ...
  spec:
    ...