Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

8.3.6. 入力シークレットおよび ConfigMap

シナリオによっては、ビルド操作で、依存するリソースにアクセスするための認証情報や他の設定データが必要になる場合がありますが、この情報をソースコントロールに配置するのは適切ではありません。この目的の場合は、入力シークレット および input ConfigMap を定義することができます。

たとえば、Maven を使用して Java アプリケーションをビルドする場合、プライベートキーを使ってアクセスされる Maven Central または JCenter のプライベートミラーをセットアップできます。そのプライベートミラーからライブラリーをダウンロードするには、以下を指定する必要があります。

  1. ミラーの URL および接続の設定が含まれる settings.xml ファイル。
  2. ~/.ssh/id_rsa などの、設定ファイルで参照されるプライベートキー。

セキュリティー上の理由により、認証情報はアプリケーションイメージで公開しないでください。

以下の例は Java アプリケーションについて説明していますが、/etc/ssl/certs ディレクトリー、API キーまたはトークン、ラインセンスファイルなどに SSL 証明書を追加する場合に同じアプローチを使用できます。

8.3.6.1. 入力シークレットおよび ConfigMap の追加

既存の BuildConfig に入力シークレットおよび/または ConfigMap を追加するには、以下を行います。

  1. ConfigMap がない場合は作成します。

    $ oc create configmap settings-mvn \
        --from-file=settings.xml=<path/to/settings.xml>

    これにより、settings-mvn という名前の新しい ConfigMap が作成されます。 これには、settings.xml ファイルのプレーンテキストのコンテンツが含まれます。

  2. シークレットがない場合は作成します。

    $ oc create secret generic secret-mvn \
        --from-file=id_rsa=<path/to/.ssh/id_rsa>

    これにより、secret-mvn という名前の新規シークレットが作成されます。 これには、id_rsa プライベートキーの base64 でエンコードされたコンテンツが含まれます。

  3. ConfigMap およびシークレットを既存の BuildConfigsource セクションに追加します。

    source:
      git:
        uri: https://github.com/wildfly/quickstart.git
      contextDir: helloworld
      configMaps:
        - configMap:
            name: settings-mvn
      secrets:
        - secret:
            name: secret-mvn

シークレットおよび ConfigMap を新規の BuildConfig に追加するには、以下のコマンドを実行します。

$ oc new-build \
    openshift/wildfly-101-centos7~https://github.com/wildfly/quickstart.git \
    --context-dir helloworld --build-secret “secret-mvn” \
    --build-config-map "settings-mvn"

ビルド時に、settings.xml および id_rsa ファイルはソースコードが配置されているディレクトリーにコピーされます。OpenShift Container Platform S2I ビルダーイメージでは、これはイメージの作業ディレクトリーで、DockerfileWORKDIR の指示を使用して設定されます。別のディレクトリーを指定するには、 destinationDir を定義に追加します。

source:
  git:
    uri: https://github.com/wildfly/quickstart.git
  contextDir: helloworld
  configMaps:
    - configMap:
        name: settings-mvn
      destinationDir: ".m2"
  secrets:
    - secret:
        name: secret-mvn
      destinationDir: ".ssh"

新規の BuildConfig を作成時に、宛先のディレクトリーを指定することも可能です。

$ oc new-build \
    openshift/wildfly-101-centos7~https://github.com/wildfly/quickstart.git \
    --context-dir helloworld --build-secret “secret-mvn:.ssh” \
    --build-config-map "settings-mvn:.m2"

いずれの場合も、settings.xml ファイルがビルド環境の ./.m2 ディレクトリーに追加され、id_rsa キーは ./.ssh ディレクトリーに追加されます。Docker ストラテジーの場合は、宛先のディレクトリーは相対パスでなければならない点に注意してください。