Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

13.6. イメージプルシークレットの使用

Docker レジストリーのセキュリティーを確保して、承認されていないユーザーが特定のイメージにアクセスできないようにすることができます。OpenShift Container Platform の内部レジストリーを使用し、同じプロジェクトにあるイメージストリームからプルしている場合は、Pod のサービスアカウントには適切なパーミッションがすでに設定されているため、追加のアクションは不要です。

ただし、OpenShift Container Platform プロジェクト全体でイメージを参照する場合や、セキュリティー保護されたレジストリーからイメージを参照するなどの他のシナリオでは、追加の設定手順が必要になります。以下のセクションでは、それらのシナリオと必要な手順について詳しく説明します。

13.6.1. Pod が複数のプロジェクト間でのイメージを参照できるようにする設定

内部レジストリーを使用している場合で project-a の Pod が project-b のイメージを参照できるようにするには、project-a のサービスアカウントが project-bsystem:image-puller ロールにバインドされている必要があります。

$ oc policy add-role-to-user \
    system:image-puller system:serviceaccount:project-a:default \
    --namespace=project-b

このロールを追加した後に、デフォルトのサービスアカウントを参照する project-a の Pod は project-b からイメージをプルできるようになります。

project-a のすべてのサービスアカウントにアクセスを許可するには、グループを使用します。

$ oc policy add-role-to-group \
    system:image-puller system:serviceaccounts:project-a \
    --namespace=project-b