Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

13.2.2. 推奨されるタグ付け規則

イメージは時間の経過と共に変化するもので、それらのタグはその変化を反映します。イメージタグはビルドされる最新イメージを常に参照します。

タグ名にあまりにも多くの情報が組み込まれる場合 (例: v2.0.1-may-2016)、タグはイメージの 1 つのリビジョンのみを参照し、更新されることがなくなります。デフォルトのイメージのプルーニングオプションを使用しても、このようなイメージは削除されません。非常に大規模なクラスターでは、イメージが修正されるたびに新規タグが作成される設定の場合、古くなって久しいイメージの余分のタグメタデータで etcd データストアが一杯になる可能性があります。

一方、タグの名前が v2.0 である場合はイメージリビジョンの数が多くなることが予想されます。これによりタグ履歴が長くなるため、イメージプルーナーが古くなり使われなくなったイメージを削除する可能性が高くなります。詳細は、「イメージのプルーニング 」を参照してください。

タグの名前付け規則は各自で定めることができますが、ここでは <image_name>:<image_tag> 形式のいくつかの例を見てみましょう。

表13.1 イメージタグの名前付け規則

説明

リビジョン

myimage:v2.0.1

アーキテクチャー

myimage:v2.0-x86_64

ベースイメージ

myimage:v1.2-centos7

最新 (不安定な可能性がある)

myimage:latest

最新 (安定性がある)

myimage:stable

タグ名に日付を含める必要がある場合、古くなり使用されなくなったイメージおよび istags を定期的に検査し、これらを削除してください。そうしないと、古いイメージによるリソース使用量が増大する可能性があります。