Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

2.2.2.4.2. ビルド環境変数の指定

テンプレート、ソース 、またはイメージからアプリケーションを生成する場合、-- build-env 引数を使用し、ランタイムに環境変数をビルドコンテナーに渡すことができます。

$ oc new-app openshift/ruby-23-centos7 \
    --build-env HTTP_PROXY=http://myproxy.net:1337/ \
    --build-env GEM_HOME=~/.gem

変数は、--build-env-file 引数を使用してファイルから読み取ることもできます。

$ cat ruby.env
HTTP_PROXY=http://myproxy.net:1337/
GEM_HOME=~/.gem
$ oc new-app openshift/ruby-23-centos7 --build-env-file=ruby.env

さらに --build-env-file=- を使用して、環境変数を標準入力で指定することもできます。

$ cat ruby.env | oc new-app openshift/ruby-23-centos7 --build-env-file=-