Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

8.3.4.2.8. 組み合わせ

ここでは、特定のニーズに対応するために上記の方法を組み合わせてソースクローンのシークレットを作成する方法についての例を紹介します。

  1. .gitconfig ファイルで SSH ベースの認証シークレットを作成するには、以下を実行します。

    $ oc create secret generic <secret_name> \
        --from-file=ssh-privatekey=<path/to/ssh/private/key> \
        --from-file=<path/to/.gitconfig> \
        --type=kubernetes.io/ssh-auth
  2. .gitconfig ファイルと CA 証明書を組み合わせてシークレットを作成するには、以下を実行します。

    $ oc create secret generic <secret_name> \
        --from-file=ca.crt=<path/to/certificate> \
        --from-file=<path/to/.gitconfig>
  3. CA 証明書ファイルで Basic 認証のシークレットを作成するには、以下を実行します。

    $ oc create secret generic <secret_name> \
        --from-literal=username=<user_name> \
        --from-literal=password=<password> \
        --from-file=ca.crt=</path/to/file> \
        --type=kubernetes.io/basic-auth
  4. .gitconfig ファイルで Basic 認証のシークレットを作成するには、以下を実行します。

    $ oc create secret generic <secret_name> \
        --from-literal=username=<user_name> \
        --from-literal=password=<password> \
        --from-file=</path/to/.gitconfig> \
        --type=kubernetes.io/basic-auth
  5. .gitconfig ファイルと CA 証明書ファイルを合わせて Basic 認証シークレットを作成するには、以下を実行します。

    $ oc create secret generic <secret_name> \
        --from-literal=username=<user_name> \
        --from-literal=password=<password> \
        --from-file=</path/to/.gitconfig> \
        --from-file=ca.crt=</path/to/file> \
        --type=kubernetes.io/basic-auth