Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

9.3.2.3. ローリングの例

OpenShift Container Platform では、ローリングデプロイメントはデフォルト設定です。ローリングアップデートを行うには、以下の手順に従います。

  1. DockerHub にあるデプロイメントイメージの例を基にアプリケーションを作成します。

    $ oc new-app openshift/deployment-example

    ルーターをインストールしている場合は、ルートを使用してアプリケーションを利用できるようにしてください (または、サービス IP を直接使用してください)。

    $ oc expose svc/deployment-example

    deployment-example.<project>.<router_domain> でアプリケーションを参照し、v1 イメージが表示されることを確認します。

  2. レプリカが最大 3 つになるまで、デプロイメント設定をスケーリングします。

    $ oc scale dc/deployment-example --replicas=3
  3. 新しいバージョンの例を latest とタグ付けして、新規デプロイメントを自動的にトリガーします。

    $ oc tag deployment-example:v2 deployment-example:latest
  4. ブラウザーで、v2 イメージが表示されるまでページを更新します。
  5. CLI を使用している場合は、以下のコマンドで、バージョン 1 に Pod がいくつあるか、バージョン 2 にはいくつあるかを表示します。Web コンソールでは、徐々に v2 に追加される Pod、v1 から削除される Pod が確認できるはずです。

    $ oc describe dc deployment-example

デプロイメントプロセスで、新しいレプリケーションコントローラーが漸増的にスケールアップします。新しい Pod が (readiness チェックをパスして) ready とマークされたら、デプロイメントプロセスが継続されます。Pod の準備が整わない場合には、プロセスが中断され、デプロイメント設定が以前のバージョンにロールバックされます。