Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

13.2.4. イメージストリームでのイメージの参照

以下の参照タイプを使用して、イメージをイメージストリームで参照できます。

  • ImageStreamTag は、所定のイメージストリームおよびタグのイメージを参照し、取得するために使用されます。この名前は以下の規則に基づいて付けられます。

    <image_stream_name>:<tag>
  • ImageStreamImage は、所定のイメージストリームおよびイメージ名のイメージを参照し、取得するために使用されます。この名前は以下の規則に基づいて付けられます。

    <image_stream_name>@<id>

    <id> は、ダイジェストとも呼ばれる特定イメージのイミュータブルな ID です。

  • DockerImage は、所定の外部レジストリーのイメージを参照し、取得するために使用されます。この名前は、以下のような標準の Docker プル仕様 に基づいて付けられます。

    openshift/ruby-20-centos7:2.0
    注記

    タグが指定されていない場合、latest タグが使用されることが想定されます。

    サードパーティーのレジストリーを参照することもできます。

    registry.redhat.io/rhel7:latest

    またはダイジェストでイメージを参照できます。

    centos/ruby-22-centos7@sha256:3a335d7d8a452970c5b4054ad7118ff134b3a6b50a2bb6d0c07c746e8986b28e

CentOS イメージストリームのサンプル などのイメージストリーム定義のサンプルを表示する場合、それらには ImageStreamTag の定義やDockerImage の参照が含まれる一方で、ImageStreamImage に関連するものは何も含まれていないことに気づくでしょう

これは、イメージストリームでのイメージのインポートまたはイメージのタグ付けを行う場合は常に ImageStreamImage オブジェクトが OpenShift Container Platform に自動的に作成されるためです。イメージストリームを作成するために使用するイメージストリーム定義で ImageStreamImage オブジェクトを明示的に定義する必要はありません。

イメージのオブジェクト定義は、イメージストリーム名および ID を使用し、ImageStreamImage 定義を取得して確認することができます。

$ oc get -o yaml --export isimage <image_stream_name>@<id>
注記

以下を実行して所定のイメージストリームの有効な <id> 値を確認することができます。

$ oc describe is <image_stream_name>

たとえば、ruby イメージストリームから ruby@3a335d7 の名前および ID を使って ImageStreamImage を検索します。

ImageStreamImage で取得されるイメージオブジェクトの定義

$ oc get -o yaml --export isimage ruby@3a335d7

apiVersion: v1
image:
  dockerImageLayers:
  - name: sha256:a3ed95caeb02ffe68cdd9fd84406680ae93d633cb16422d00e8a7c22955b46d4
    size: 0
  - name: sha256:ee1dd2cb6df21971f4af6de0f1d7782b81fb63156801cfde2bb47b4247c23c29
    size: 196634330
  - name: sha256:a3ed95caeb02ffe68cdd9fd84406680ae93d633cb16422d00e8a7c22955b46d4
    size: 0
  - name: sha256:a3ed95caeb02ffe68cdd9fd84406680ae93d633cb16422d00e8a7c22955b46d4
    size: 0
  - name: sha256:ca062656bff07f18bff46be00f40cfbb069687ec124ac0aa038fd676cfaea092
    size: 177723024
  - name: sha256:63d529c59c92843c395befd065de516ee9ed4995549f8218eac6ff088bfa6b6e
    size: 55679776
  dockerImageMetadata:
    Architecture: amd64
    Author: SoftwareCollections.org <sclorg@redhat.com>
    Config:
      Cmd:
      - /bin/sh
      - -c
      - $STI_SCRIPTS_PATH/usage
      Entrypoint:
      - container-entrypoint
      Env:
      - PATH=/opt/app-root/src/bin:/opt/app-root/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin
      - STI_SCRIPTS_URL=image:///usr/libexec/s2i
      - STI_SCRIPTS_PATH=/usr/libexec/s2i
      - HOME=/opt/app-root/src
      - BASH_ENV=/opt/app-root/etc/scl_enable
      - ENV=/opt/app-root/etc/scl_enable
      - PROMPT_COMMAND=. /opt/app-root/etc/scl_enable
      - RUBY_VERSION=2.2
      ExposedPorts:
        8080/tcp: {}
      Image: d9c3abc5456a9461954ff0de8ae25e0e016aad35700594714d42b687564b1f51
      Labels:
        build-date: 2015-12-23
        io.k8s.description: Platform for building and running Ruby 2.2 applications
        io.k8s.display-name: Ruby 2.2
        io.openshift.builder-base-version: 8d95148
        io.openshift.builder-version: 8847438ba06307f86ac877465eadc835201241df
        io.openshift.s2i.scripts-url: image:///usr/libexec/s2i
        io.openshift.tags: builder,ruby,ruby22
        io.s2i.scripts-url: image:///usr/libexec/s2i
        license: GPLv2
        name: CentOS Base Image
        vendor: CentOS
      User: "1001"
      WorkingDir: /opt/app-root/src
    ContainerConfig: {}
    Created: 2016-01-26T21:07:27Z
    DockerVersion: 1.8.2-el7
    Id: 57b08d979c86f4500dc8cad639c9518744c8dd39447c055a3517dc9c18d6fccd
    Parent: d9c3abc5456a9461954ff0de8ae25e0e016aad35700594714d42b687564b1f51
    Size: 430037130
    apiVersion: "1.0"
    kind: DockerImage
  dockerImageMetadataVersion: "1.0"
  dockerImageReference: centos/ruby-22-centos7@sha256:3a335d7d8a452970c5b4054ad7118ff134b3a6b50a2bb6d0c07c746e8986b28e
  metadata:
    creationTimestamp: 2016-01-29T13:17:45Z
    name: sha256:3a335d7d8a452970c5b4054ad7118ff134b3a6b50a2bb6d0c07c746e8986b28e
    resourceVersion: "352"
    uid: af2e7a0c-c68a-11e5-8a99-525400f25e34
kind: ImageStreamImage
metadata:
  creationTimestamp: null
  name: ruby@3a335d7
  namespace: openshift
  selflink: /oapi/v1/namespaces/openshift/imagestreamimages/ruby@3a335d7