Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

14.4.8. QoS (Quality of Service) 層

作成後、コンピュートリソースは quality of service (QoS) で分類されます。これは、リソースごとに指定される要求および制限値に基づいて 3 つの層に分類されます。

QoS (Quality of Service)説明

BestEffort

要求および制限が指定されない場合に指定されます。

Burstable

要求がオプションで指定される制限よりも小さい値に指定される場合に指定されます。

Guaranteed

制限がオプションで指定される要求に等しい値に指定される場合に指定されます。

コンテナーに各コンピュートリソースに異なる QoS を生じさせる要求および制限セットが含まれる場合、これは Burstable として分類されます。

QoS は、リソースが圧縮可能であるかどうかによって各種のリソースにそれぞれ異なる影響を与えます。CPU は圧縮可能なリソースですが、メモリーは圧縮できないリソースです。

CPU リソースの場合:
  • BestEffort CPU コンテナーはノードで利用可能な CPU を消費できますが、最も低い優先順位で実行されます。
  • Burstable CPU コンテナーは要求される CPU の最小量を取得することが保証されますが、追加の CPU 時間を取得できる場合もあればできない場合もあります。追加の CPU リソースはノード上のすべてのコンテナーで要求される量に基づいて分配されます。
  • Guaranteed CPU コンテナーは、追加の CPU サイクルが利用可能な場合でも要求される量のみを取得することが保証されます。これにより、ノード上の他のアクティビティーとは関係なく一定のパフォーマンスレベルを確保できます。
メモリーリソースの場合:
  • BestEffort メモリー コンテナーはノード上で利用可能なメモリーを消費できますが、スケジューラーがコンテナーを、その必要を満たすのに十分なメモリーを持つノードに配置する保証はありません。さらにノードで OOM (Out of Memory) イベントが発生する場合、BestEffort コンテナーが強制終了される可能性が最も高くなります。
  • Burstable メモリー コンテナーは要求されるメモリー量を取得できるようノードにスケジュールされますが、それ以上の量を消費する可能性があります。ノード上で OOM イベントが発生する場合、Burstable コンテナーはメモリー回復の試行時に BestEffort コンテナーの次に強制終了されます。
  • Guaranteed メモリー コンテナーは、要求されるメモリー量のみを取得します。OOM イベントが発生する場合は、システム上に他の BestEffort または Burstable コンテナーがない場合にのみ強制終了されます。