Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

8.5.4. パイプラインストラテジーのオプション

以下のオプションは、「パイプラインビルドストラテジー」に固有のオプションです

8.5.4.1. Jenkinsfile の提供

Jenkinsfile は、以下の 2 つの方法のどちらかで提供できます。

  1. ビルド設定に Jenkinsfile を埋め込む
  2. Jenkinsfile を含む git リポジトリーへの参照をビルド設定に追加する

埋め込み定義

kind: "BuildConfig"
apiVersion: "v1"
metadata:
  name: "sample-pipeline"
spec:
  strategy:
    jenkinsPipelineStrategy:
      jenkinsfile: |-
        node('agent') {
          stage 'build'
          openshiftBuild(buildConfig: 'ruby-sample-build', showBuildLogs: 'true')
          stage 'deploy'
          openshiftDeploy(deploymentConfig: 'frontend')
        }

Git リポジトリーへの参照

kind: "BuildConfig"
apiVersion: "v1"
metadata:
  name: "sample-pipeline"
spec:
  source:
    git:
      uri: "https://github.com/openshift/ruby-hello-world"
  strategy:
    jenkinsPipelineStrategy:
      jenkinsfilePath: some/repo/dir/filename 1

1
オプションの jenkinsfilePath フィールドは、ソース contextDir との関連で使用するファイルの名前を指定します。contextDir が省略される場合、デフォルトはリポジトリーのルートに設定されます。jenkinsfilePath が省略される場合、デフォルトは Jenkinsfile に設定されます。