Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

37.2. OpenShift Jenkins クライアントプラグイン

OpenShift Jenkins クライアントプラグインは Jenkins マスターにインストールされ、OpenShift DSL がアプリケーションの JenkinsFile 内で利用可能である必要があります。このプラグインは、OpenShift Jenkins イメージの使用時にデフォルトでインストールされ、有効にされます。

このプラグインのインストールおよび設定についての詳細は、「Configuring Pipeline Execution 」を参照してください。

37.2.1. OpenShift DSL

OpenShift Jenkins クライアントプラグインは、Jenkins スレーブから OpenShift API と通信するために Fluent (流れるような) スタイルの DSL を提供します。OpenShift DSL は Groovy 構文をベースとしており、作成、ビルド、デプロイ、および削除などのアプリケーションのライフサイクルを制御する方法を提供します。

API の詳細は、実行中の Jenkins インスタンス内にあるプラグインのオンラインドキュメントに記載されています。これを検索するには、以下を実行します。

  • 新規のパイプラインアイテムを作成します。
  • DSL テキスト領域の下にある Pipeline Syntax をクリックします。
  • 左側のナビゲーションメニューから、Global Variables Reference をクリックします。