Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

7.4.2. Nexus の設定

  1. 正式な Nexus コンテナーイメージをダウンロードし、デプロイします。

    oc new-app sonatype/nexus
  2. 新規作成した Nexus サービスを公開して、ルートを作成します。

    oc expose svc/nexus
  3. oc get routes を使用して、Pod の新規外部アドレスを検索します。

    oc get routes

    出力は以下のようになります。

    NAME      HOST/PORT                              PATH      SERVICES   PORT       TERMINATION
    nexus     nexus-myproject.192.168.1.173.xip.io             nexus      8081-tcp
  4. ブラウザーで HOST/PORT の対象の URL に移動して、Nexus が実行されていることを確認します。Nexus にサインインするには、デフォルトの管理者ユーザー名 admin、パスワード admin123 を使用します。
注記

Nexus は中央リポジトリー用に事前に設定されていますが、アプリケーション用に他のリポジトリーが必要な場合があります。Red Hat イメージの多くは、Maven リポジトリーjboss-ga リポジトリーを追加する ことを推奨します。

7.4.2.1. プローブを使用した正常な実行の確認

ここで readiness プローブと liveness プローブ を設定することができます。これらのプローブは、Nexus が正しく実行されていることを定期的に確認します。

$ oc set probe dc/nexus \
	--liveness \
	--failure-threshold 3 \
	--initial-delay-seconds 30 \
	-- echo ok
$ oc set probe dc/nexus \
	--readiness \
	--failure-threshold 3 \
	--initial-delay-seconds 30 \
	--get-url=http://:8081/nexus/content/groups/public