Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

7.4.3. Nexus への接続

次の手順では、新しい Nexus リポジトリーを使用するビルドを定義する方法を説明します。残りのチュートリアルでは、このリポジトリーサンプル と、ビルダーとして wildfly-100-centos7を使用しますが、これらの変更はどのプロジェクトでも機能します。

ビルダーイメージサンプル では、環境の一部としてMAVEN_MIRROR_URL をサポートするため、これを使用して、ビルダーイメージを Nexus リポジトリーにポイントすることができます。イメージが環境変数を使用した Mavin のミラーリングをサポートしていない場合には、Nexus ミラーリングを参照する正しい Maven 設定を指定するようにビルダーイメージを変更する必要がある場合があります。

$ oc new-build openshift/wildfly-100-centos7:latest~https://github.com/openshift/jee-ex.git \
	-e MAVEN_MIRROR_URL='http://nexus.<Nexus_Project>:8081/nexus/content/groups/public'
$ oc logs build/jee-ex-1 --follow

<Nexus_Project> は Nexus リポジトリーのプロジェクト名に置き換えます。これが使用するアプリケーションと同じプロジェクトに含まれる場合には、<Nexus_Project>. を削除できます。OpenShift Container Platform の DNS 解決について参照してください