Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

7.4.2.2. Nexus への永続性の追加

注記

永続ストレージを必要としない場合には、Nexus への接続 に進みます。ただし、Pod が何らかの理由で再起動された場合には、キャッシュされた依存関係および設定のカスタマイズはなくなります。

Nexus の Persistent Volume Claim (永続ボリューム要求、PVC) を作成し、サーバーを実行中の Pod を中断すると、キャッシュされた依存関係が失われないようにします。PVC にはクラスター内で利用可能な永続ボリューム (PV) が必要です。利用可能な PV がない場合や、クラスターに管理者としてのアクセス権限がない場合には、システム管理者に、読み取り/書き込み可能な永続ボリュームを作成するように依頼してください。

永続ボリュームの作成手順については、「Persistent Storage in OpenShift Container Platform 」を参照してください。

Nexus デプロイメント設定に PVC を追加します。

$ oc set volume dc/nexus --add \
	--name 'nexus-volume-1' \
	--type 'pvc' \
	--mount-path '/sonatype-work/' \
	--claim-name 'nexus-pv' \
	--claim-size '1G' \
	--overwrite

これで、デプロイメント設定の以前の emptyDir ボリュームが削除され、1 GB 永続ストレージを /sonatype-work (依存関係の保存先) にマウントする要求を追加します。この設定の変更により、Nexus Pod は自動的に再デプロイされます。

Nexus が実行していることを確認するには、ブラウザーで Nexus ページを更新します。以下を使用して、デプロイメントの進捗をモニタリングすることができます。

$ oc get pods -w