Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

6.8.5. サポート対象のマーカー

表6.2 Python

v2v3

pip_install

リポジトリーに requirements.txt が含まれる場合には、デフォルトで pip が呼び出されます。含まれていない場合に pip は使用されません。

表6.3 Ruby

v2v3

disable_asset_compilation

これは、buildconfig ストラテジー定義で DISABLE_ASSET_COMPILATION 環境変数を true に設定すると使用できます。

表6.5 PHP

v2v3

use_composer

ソースリポジトリーの root ディレクトリーに composer.json が含まれる場合に、コンポーザーが常に使用されます。

表6.6 Node.js

v2v3

NODEJS_VERSION

該当なし

use_npm

アプリケーションの起動には、DEV_MODEtrue に設定されていない限り npm が常に使用されます。 true に設定されていない場合には nodemon が使用されます。

表6.7 JBoss EAP、JBoss WS、WildFly

v2v3

enable_debugging

このオプションは、デプロイメント設定で設定される ENABLE_JPDA 環境変数に値を設定することで制御します。

skip_maven_build

pom.xml がある場合には、maven が実行されます。

java7

該当なし

java8

JavaEE は JDK8 を使用します。

表6.8 Jenkins

v2v3

enable_debugging

該当なし

表6.9 all

v2v3

force_clean_build

v3 には同様の概念が使われています。S2I ビルドでは、clean build を示す incremental フラグはデフォルトで false になっています。

hot_deploy

Ruby,Python,Perl,PHP,Node.js

enable_public_server_status

該当なし

disable_auto_scaling

自動スケーリングはデフォルトではオフになっていますが、pod auto-scaling でオンにすることができます