Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

40.3. カスタムオブジェクトの管理

オブジェクトを作成した後には、カスタムリソースを管理できます。

前提条件

  • カスタムリソース定義 (CRD) を作成します。
  • CRD からオブジェクトを作成します。

手順

  1. 特定の種類のカスタムリソースについての情報を取得するには、以下を入力します。

    oc get <kind>

    以下に例を示します。

    oc get crontab
    
    NAME                 KIND
    my-new-cron-object   CronTab.v1.stable.example.com

    リソース名では大文字と小文字が区別されず、CRD で定義される単数形または複数形のいずれか、および任意の短縮名を指定できることに注意してください。以下に例を示します。

    oc get crontabs
    oc get crontab
    oc get ct
  2. カスタムリソースの未加工の YAML データも確認することができます。

    oc get <kind> -o yaml
    oc get ct -o yaml
    
    apiVersion: v1
    items:
    - apiVersion: stable.example.com/v1
      kind: CronTab
      metadata:
        clusterName: ""
        creationTimestamp: 2017-05-31T12:56:35Z
        deletionGracePeriodSeconds: null
        deletionTimestamp: null
        name: my-new-cron-object
        namespace: default
        resourceVersion: "285"
        selfLink: /apis/stable.example.com/v1/namespaces/default/crontabs/my-new-cron-object
        uid: 9423255b-4600-11e7-af6a-28d2447dc82b
      spec:
        cronSpec: '* * * * /5' 1
        image: my-awesome-cron-image 2
    1 2
    オブジェクトの作成に使用した YAML からのカスタムデータが表示されます。