Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

8.5.4.2. 環境変数

環境変数を Pipeline ビルドプロセスで利用可能にするには、環境変数を BuildConfigjenkinsPipelineStrategy 定義に追加します。

定義した後に、環境変数は BuildConfig に関連する Jenkins ジョブのパラメーターとして設定されます。

以下に例を示します。

jenkinsPipelineStrategy:
...
  env:
    - name: "FOO"
      value: "BAR"
注記

oc set env コマンドで、BuildConfig に定義した環境変数を管理することも可能です。

8.5.4.2.1. BuildConfig 環境変数と Jenkins ジョブパラメーター間のマッピング

Pipeline ストラテジーの BuildConfig への変更に従い、Jenkins ジョブが作成/更新されると、BuildConfig の環境変数は Jenkins ジョブパラメーターの定義にマッピングされます。 Jenkins ジョブパラメーター定義のデフォルト値は、関連する環境変数の現在の値になります。

Jenkins ジョブの初回作成後に、パラメーターを Jenkins コンソールからジョブに追加できます。パラメーター名は、BuildConfig の環境変数名とは異なります。上記の Jenkins ジョブ用にビルドを開始すると、これらのパラメーターが使用されます。

Jenkins ジョブのビルドを開始する方法により、パラメーターの設定方法が決まります。oc start-build で開始された場合には、BuildConfig の環境変数が対応するジョブインスタンスに設定するパラメーターになります。Jenkins コンソールからパラメーターのデフォルト値に変更を加えても無視されます。BuildConfig の値が優先されます。

oc start-build -e で開始すると、-e オプションで指定した環境変数の値が優先されます。また、BuildConfig に記載されていない環境変数を指定した場合には、Jenkins ジョブのパラメーター定義として追加されます。また、Jenkins コンソールから環境変数に対応するパラメーターに加える変更は無視されます。BuildConfig および oc start-build -e て指定する内容が優先されます。

Jenkins コンソールで Jenkins ジョブを開始した場合には、ジョブのビルドを開始する操作の一環として、Jenkins コンソールを使用してパラメーターの設定を制御できます。

注記

すべての環境変数およびジョブパラメーターを BuildConfig に指定することにより、ディスク I/O を削減し、Jenkins 処理時のパフォーマンスを改善することができます。