Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

8.7.3. イメージ変更のトリガー

イメージ変更のトリガーを使用すると、アップストリームで新規バージョンが利用できるようになるとビルドが自動的に呼び出されます。たとえば、RHEL イメージ上にビルドが設定されている場合には、RHEL のイメージが変更された時点でビルドの実行をトリガーできます。その結果、アプリケーションイメージは常に最新の RHEL ベースイメージ上で実行されるようになります。

イメージ変更のトリガーを設定するには、以下のアクションを実行する必要があります。

  1. トリガーするアップストリームイメージを参照するように、ImageStream を定義します。

    kind: "ImageStream"
    apiVersion: "v1"
    metadata:
      name: "ruby-20-centos7"

    この定義では、イメージストリームが <system-registry>/<namespace>/ruby-20-centos7 に配置されているコンテナーイメージリポジトリーに紐付けられます。<system-registry> は、OpenShift Container Platform で実行する docker-registry の名前で、サービスとして定義されます。

  2. イメージストリームがビルドのベースイメージの場合には、ビルドストラテジーの From フィールドを設定して、イメージストリームを参照します。

    strategy:
      sourceStrategy:
        from:
          kind: "ImageStreamTag"
          name: "ruby-20-centos7:latest"

    上記の例では、sourceStrategy の定義は、この namespace 内に配置されている ruby-20-centos7 という名前のイメージストリームの latest タグを使用します。

  3. イメージストリームを参照する 1 つまたは複数のトリガーでビルドを定義します。

    type: "ImageChange" 1
    imageChange: {}
    type: "ImageChange" 2
    imageChange:
      from:
        kind: "ImageStreamTag"
        name: "custom-image:latest"
    1
    ビルドストラテジーの from フィールドに定義されたように ImageStream および Tag を監視するイメージ変更トリガー。ここの imageChange オブジェクトは空でなければなりません。
    2
    任意のイメージストリームを監視するイメージ変更トリガー。この例に含まれる imageChange の部分には from フィールドを追加して、監視する ImageStreamTag を参照させる必要があります。

ストラテジーイメージストリームにイメージ変更トリガーを使用する場合は、生成されたビルドに不変な Docker タグが付けられ、そのタグに対応する最新のイメージを参照させます。この新規イメージ参照は、ビルド用に実行するときに、ストラテジーにより使用されます。

ストラテジーイメージストリームを参照しない、他のイメージ変更トリガーの場合は、新規ビルドが開始されますが、一意のイメージ参照で、ビルドストラテジーは更新されません。

ストラテジーにイメージ変更トリガーが含まれる上記の例では、作成されるビルドは以下のようになります。

strategy:
  sourceStrategy:
    from:
      kind: "DockerImage"
      name: "172.30.17.3:5001/mynamespace/ruby-20-centos7:<immutableid>"

これにより、トリガーされたビルドは、リポジトリーにプッシュされたばかりの新しいイメージを使用して、ビルドが同じ入力内容でいつでも再実行できるようにします。

参照されるイメージストリームで複数の変更を可能にするためにイメージ変更トリガーを一時停止してからビルドを開始できます。また、ビルドがすぐにトリガーされるのを防ぐために、最初に ImageChangeTriggerBuildConfig に追加する際に、paused 属性を true に設定することもできます。

type: "ImageChange"
imageChange:
  from:
    kind: "ImageStreamTag"
    name: "custom-image:latest"
  paused: true

カスタムビルドの場合、すべての Strategy タイプにイメージフィールドを設定するだけでなく、OPENSHIFT_CUSTOM_BUILD_BASE_IMAGE の環境変数もチェックされます。この環境変数が存在しない場合は、不変のイメージ参照で作成されます。存在する場合には、この不変のイメージ参照で更新されます。

ビルドが Webhook トリガーまたは手動の要求でトリガーされた場合に、作成されるビルドは、Strategy が参照する ImageStream から解決する <immutableid> を使用します。これにより、簡単に再現できるように、一貫性のあるイメージタグを使用してビルドが実行されるようになります。

注記

v1 コンテナーレジストリー のコンテナーイメージを参照するイメージストリームは、イメージストリームタグが利用できるようになった時点でビルドが 1 度だけトリガーされ、後続のイメージ更新ではトリガーされません。これは、v1 コンテナーレジストリーに一意で識別可能なイメージがないためです。