Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

18.2. デバイスマネージャーの有効化

デバイスマネージャーを有効にし、デバイスプラグインを実装してアップストリームのコード変更なしに特殊なハードウェアを公開できるようにします。

  1. ターゲットノードでのデバイスマネージャーのサポートを有効にします。

    $ oc describe configmaps <name>

    以下に例を示します。

    $ oc describe configmaps node-config-infra
    ...
    kubeletArguments:
    ...
      feature-gates:
      - DevicePlugins=true
  2. デバイスマネージャーが実際に有効にされるように、/var/lib/kubelet/device-plugins/kubelet.sock がノードで作成されていることを確認します。これは、デバイスマネージャーの gRPC サーバーが新規プラグインの登録がないかどうかリッスンする UNIX ドメインソケットです。このソケットファイルは、デバイスマネージャーが有効にされている場合にのみ Kubelet の起動時に作成されます。