Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

8.5.2.5. 環境変数

Docker ビルドプロセスと作成されたイメージで環境変数を利用できるようにするには 、BuildConfigdockerStrategy の定義に環境変数を追加します。

ここに定義した環境変数は、Dockerfile 内で後に参照できるように、単一の ENV Dockerfile 命令として FROM 命令の直後に挿入されます。

変数はビルド時に定義され、アウトプットイメージに残るため、そのイメージを実行するコンテナーにも存在します。

たとえば、ビルドやランタイム時にカスタムの HTTP プロキシーを定義するには以下を設定します。

dockerStrategy:
...
  env:
    - name: "HTTP_PROXY"
      value: "http://myproxy.net:5187/"

クラスター管理者は、Ansible を使用してグローバルビルドを設定することもできます

oc set env コマンドで、BuildConfig に定義した環境変数を管理することも可能です。