Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

14.2. クォータ

ResourceQuota オブジェクトで定義されるリソースクォータは、プロジェクトごとにリソース消費量の総計を制限する制約を指定します。これは、タイプ別にプロジェクトで作成できるオブジェクトの数量を制限すると共に、そのプロジェクトのリソースが消費できるコンピュートリソースおよびストレージの合計量を制限することができます。

注記

クォータはクラスター管理者によって設定され、所定プロジェクトにスコープが設定されます。

14.2.1. クォータの表示

web コンソールでプロジェクトの Quota ページに移動し、プロジェクトのクォータで定義されるハード制限に関連する使用状況の統計を表示できます。

CLI を使用してクォータの詳細を表示することもできます。

  1. 最初に、プロジェクトで定義されたクォータの一覧を取得します。たとえば、demoproject というプロジェクトの場合は以下のようになります。

    $ oc get quota -n demoproject
    NAME                AGE
    besteffort          11m
    compute-resources   2m
    core-object-counts  29m
  2. 次に、関連するクォータについて記述します。 たとえば、core-object-counts クォータの場合、以下を実行します。

    $ oc describe quota core-object-counts -n demoproject
    Name:			core-object-counts
    Namespace:		demoproject
    Resource		Used	Hard
    --------		----	----
    configmaps		3	10
    persistentvolumeclaims	0	4
    replicationcontrollers	3	20
    secrets			9	10
    services		2	10

詳細のクォータ定義は、オブジェクトで oc get --export を実行して表示できます。以下は、クォータ定義のサンプルを示しています。

core-object-counts.yaml

apiVersion: v1
kind: ResourceQuota
metadata:
  name: core-object-counts
spec:
  hard:
    configmaps: "10" 1
    persistentvolumeclaims: "4" 2
    replicationcontrollers: "20" 3
    secrets: "10" 4
    services: "10" 5

1
プロジェクトに存在できる ConfigMap オブジェクトの合計数です。
2
プロジェクトに存在できる Persistent Volume Claim (永続ボリューム要求、PVC) の合計数です。
3
プロジェクトに存在できるレプリケーションコントローラーの合計数です。
4
プロジェクトに存在できるシークレットの合計数です。
5
プロジェクトに存在できるサービスの合計数です。

openshift-object-counts.yaml

apiVersion: v1
kind: ResourceQuota
metadata:
  name: openshift-object-counts
spec:
  hard:
    openshift.io/imagestreams: "10" 1

1
プロジェクトに存在できるイメージストリームの合計数です。

compute-resources.yaml

apiVersion: v1
kind: ResourceQuota
metadata:
  name: compute-resources
spec:
  hard:
    pods: "4" 1
    requests.cpu: "1" 2
    requests.memory: 1Gi 3
    requests.ephemeral-storage: 2Gi 4
    limits.cpu: "2" 5
    limits.memory: 2Gi 6
    limits.ephemeral-storage: 4Gi 7

1
プロジェクトに存在できる非終了状態の Pod の合計数です。
2
非終了状態のすべての Pod において、CPU 要求の合計は 1 コアを超えることができません。
3
非終了状態のすべての Pod において、メモリー要求の合計は 1 Gi を超えることができません。
4
非終了状態のすべての Pod において、一時ストレージ要求の合計は 2 Gi を超えることができません。
5
非終了状態のすべての Pod において、CPU 制限の合計は 2 コアを超えることができません。
6
非終了状態のすべての Pod において、メモリー制限の合計は 2 Gi を超えることができません。
7
非終了状態のすべての Pod において、一時ストレージ制限の合計は 4 Gi を超えることができません。

besteffort.yaml

apiVersion: v1
kind: ResourceQuota
metadata:
  name: besteffort
spec:
  hard:
    pods: "1" 1
  scopes:
  - BestEffort 2

1
プロジェクトに存在できる QoS (Quality of Service) が BestEffort の非終了状態の Pod の合計数です
2
クォータを、メモリーまたは CPU のいずれかの QoS (Quality of Service) が BestEffort の一致する Pod のみに制限します。

compute-resources-long-running.yaml

apiVersion: v1
kind: ResourceQuota
metadata:
  name: compute-resources-long-running
spec:
  hard:
    pods: "4" 1
    limits.cpu: "4" 2
    limits.memory: "2Gi" 3
    limits.ephemeral-storage: "4Gi" 4
  scopes:
  - NotTerminating 5

1
非終了状態の Pod の合計数です。
2
非終了状態のすべての Pod において、CPU 制限の合計はこの値を超えることができません。
3
非終了状態のすべての Pod において、メモリー制限の合計はこの値を超えることができません。
4
非終了状態のすべての Pod において、一時ストレージ制限の合計はこの値を超えることができません。
5
クォータをspec.activeDeadlineSecondsnil に設定されている一致する Pod のみに制限します。ビルド Pod は、RestartNever ポリシーが適用されない場合に NotTerminating になります。

compute-resources-time-bound.yaml

apiVersion: v1
kind: ResourceQuota
metadata:
  name: compute-resources-time-bound
spec:
  hard:
    pods: "2" 1
    limits.cpu: "1" 2
    limits.memory: "1Gi" 3
    limits.ephemeral-storage: "1Gi" 4
  scopes:
  - Terminating 5

1
非終了状態の Pod の合計数です。
2
非終了状態のすべての Pod において、CPU 制限の合計はこの値を超えることができません。
3
非終了状態のすべての Pod において、メモリー制限の合計はこの値を超えることができません。
4
非終了状態のすべての Pod において、一時ストレージ制限の合計はこの値を超えることができません。
5
クォータをspec.activeDeadlineSeconds >=0 に設定されている一致する Pod のみに制限します。たとえば、このクォータはビルド Pod またはデプロイヤー Pod に影響を与えますが、web サーバーまたはデータベースなどの長時間実行されない Pod には影響を与えません。

storage-consumption.yaml

apiVersion: v1
kind: ResourceQuota
metadata:
  name: storage-consumption
spec:
  hard:
    persistentvolumeclaims: "10" 1
    requests.storage: "50Gi" 2
    gold.storageclass.storage.k8s.io/requests.storage: "10Gi" 3
    silver.storageclass.storage.k8s.io/requests.storage: "20Gi" 4
    silver.storageclass.storage.k8s.io/persistentvolumeclaims: "5" 5
    bronze.storageclass.storage.k8s.io/requests.storage: "0" 6
    bronze.storageclass.storage.k8s.io/persistentvolumeclaims: "0" 7

1
プロジェクト内の永続ボリューム要求 (PVC) の合計数です。
2
プロジェクトのすべての永続ボリューム要求 (PVC) において、要求されるストレージの合計はこの値を超えることができません。
3
プロジェクトのすべての永続ボリューム要求 (PVC) において、gold ストレージクラスで要求されるストレージの合計はこの値を超えることができません。
4
プロジェクトのすべての永続ボリューム要求 (PVC) において、silver ストレージクラスで要求されるストレージの合計はこの値を超えることができません。
5
プロジェクトのすべての永続ボリューム要求 (PVC) において、silver ストレージクラスの要求の合計数はこの値を超えることができません。
6
プロジェクトのすべての永続ボリューム要求 (PVC) において、bronze ストレージクラスで要求されるストレージの合計はこの値を超えることができません。これが 0 に設定される場合、bronze ストレージクラスはストレージを要求できないことを意味します。
7
プロジェクトのすべての永続ボリューム要求 (PVC) において、bronze ストレージクラスで要求されるストレージの合計はこの値を超えることができません。これが 0 に設定される場合は、bronze ストレージクラスでは要求を作成できないことを意味します。