Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

14.2.3. クォータのスコープ

各クォータには スコープ のセットが関連付けられます。クォータは、列挙されたスコープの交差部分に一致する場合にのみリソースの使用状況を測定します。

スコープをクォータに追加すると、クォータが適用されるリソースのセットを制限できます。許可されるセット以外のリソースを設定すると、検証エラーが発生します。

スコープ説明

Terminating

spec.activeDeadlineSeconds >= 0 の Pod に一致します。

NotTerminating

spec.activeDeadlineSecondsnil の Pod に一致します。

BestEffort

cpu または memory のいずれかの QoS (Quality of Service) が Best Effort の Pod に一致します。コンピュートリソースのコミットについての詳細は、「QoS(Quality of Service)クラス 」を参照してください。

NotBestEffort

cpu および memory の QoS (Quality of Service) が Best Effort でない Pod に一致します。

BestEffort スコープは、以下のリソースを制限するようにクォータを制限します。

  • pods

TerminatingNotTerminating、および NotBestEffort スコープは、以下のリソースを追跡するようにクォータを制限します。

  • pods
  • memory
  • requests.memory
  • limits.memory
  • cpu
  • requests.cpu
  • limits.cpu
  • ephemeral-storage
  • requests.ephemeral-storage
  • limits.ephemeral-storage
注記

一時ストレージ要求と制限は、テクノロジープレビューとして提供されている一時ストレージを有効にした場合にのみ適用されます。この機能は、デフォルトでは無効になっています。