Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

2.3.4.2. イメージおよびイメージストリームの管理

OpenShift Container Platform のイメージも一連の API オブジェクトで管理されます。ただし、イメージの管理はアプリケーションのプロモートにおける非常に中心的な部分であるため、イメージに最も直接的に関係するツールおよび API オブジェクトについては別途扱います。イメージのプロモートの管理には、手動および自動の方法を使用できます (パイプラインによるイメージの伝搬) 。

2.3.4.2.1. イメージの移動
2.3.4.2.1.1. ステージング環境がレジストリーを共有する場合

ステージング環境が同じ OpenShift Container Platform レジストリーを共有する場合 (すべてが同じ OpenShift Container Platform クラスター上にある場合など)、アプリケーションのプロモートパイプラインのステージ間でイメージを 移動する 基本的な方法として、以下の 2 つ操作を実行できます。

  1. 1 つ目は、 docker tag および git tag と類似する oc tag コマンドにより、OpenShift Container Platform のイメージストリームを特定のイメージへの参照で更新できます。また、あるイメージストリームから別のイメージストリームへとイメージの特定のバージョンへの参照をコピーすることも可能で、クラスター内の複数の異なるプロジェクト全体でもコピーが可能です。
  2. 2 つ目として、oc import-image は外部レジストリーとイメージストリーム間の橋渡しの機能を持ちます。レジストリーから所定のイメージのメタデータをインポートし、これを イメージストリームタグ としてイメージストリームに保存します。プロジェクトの各種の BuildConfigs および DeploymentConfigs がこれらの特定のイメージを参照できます。
2.3.4.2.1.2. ステージング環境が異なるレジストリーを使用する場合

ステージング環境が異なる OpenShift Container Platform レジストリーを活用している場合、より高度な使用方法が見られます。

内部レジストリーへのアクセスでは、手順を詳細に説明していますが、まとめると以下のようになります。

  1. OpenShift Container Platform のアクセストークンの取得と関連して docker コマンドを使用し、docker login コマンドに指定します。
  2. OpenShift Container Platform レジストリーにログインした後、docker pulldocker tag および docker push を使用してイメージを移行します。
  3. イメージがパイプラインの次の環境のレジストリーで利用可能になってから、必要に応じて oc tag を使用してイメージストリームを設定します。