Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

2.3. 環境全体におけるアプリケーションのプロモート

2.3.1. 概要

アプリケーションのプロモーションとは、さまざまなランタイム環境でのアプリケーションの移動を意味します。通常は、移動により成熟度が向上していきます。たとえば、あるアプリケーションが開発環境からスタートし、ステージング環境へと進み、さらなるテストが行われ、最後に実稼働環境へとプロモートされる場合に、アプリケーションに変更が加えられると、変更が開発環境に加えられ、ステージング環境および実稼働環境へとプロモートされます。

「アプリケーション」は、単に Java、Perl、および Python などで記述された単なるソースコードを意味する訳でも、静的 Web コンテンツや統合スクリプト、またはアプリケーションの言語固有のランタイムに関連する設定に留まる訳でもありません。静的 Web コンテンツ、統合スクリプト、または言語固有のランタイムの関連する設定以上のものを指します。これは、それらの言語固有のランタイムで使用されるアプリケーション固有のアーカイブ以上のものを指します。

OpenShift Container Platform および Kubernetes と Docker を統合した基盤という環境では、追加のアプリケーションのアーティファクトとして以下が含まれます。

  • メタデータと関連ツールの豊富なセットを含む コンテナーイメージ
  • アプリケーションで使用されるためにコンテナーに挿入される 環境変数
  • 以下の OpenShift Container Platform の API オブジェクト (リソース定義としても知られています。「Core Concepts」を参照してください)。

    • アプリケーションで使用されるためにコンテナーに挿入される API オブジェクト。
    • OpenShift Container Platform によるコンテナーおよび Pod の管理方法を指示する API オブジェクト。

OpenShift Container Platform でのアプリケーションのプロモート方法を検討するため、本トピックでは以下を扱います。

  • アプリケーション定義に導入される新規アーティファクトの詳細。
  • アプリケーションのプロモーションパイプラインの各種環境を区別する方法。
  • 新規アーティファクトを管理する方法およびツールについて。
  • 各種の概念、構成、方法およびツールをアプリケーションのプロモートに適用する実例。